« 和の輪を継ぐ。-其の弐- | トップページ | 淡麗礼讃。-LEXUS- »

2005/11/24

心宇宙に泳ぐ。-崩壊点#6-

何かと出逢う瞬間が、ある。
ほろほろと心の壁の一部が崩れ落ち、その隙間から、
新しい光が差し込んだり、未知の宇宙が開かれていくような。
蝙蝠は、そんな気配の匂う場所に飛んでいくのが好き。
そこには、新しい感覚を生んでいくような胎動を宿した、
子宮空間とも言うべきMother's Caveが待ち受ける。
耳を澄まして、心を研いで、日常の意識を零にして。
いざ、飛び込め。

今年6月83歳で急逝された現代美術作家 水谷勇夫氏の追悼イベントが、名古屋市中区大須の七ツ寺共同スタジオにて開催された。晩年の傑作「心宇宙のはざまにて」を復元展示。蝙蝠も特攻スタッフとして関わってきたLethe Voice Festivalの首謀者桑山清晴氏が、会場の音を担当した。

これは昨秋、蝙蝠も途中合流した、スイス・ローザンヌにあるStudio Arsenicのシェルタースペースにて、桑山氏が水谷氏の作品のためにレコーディングした音源がベースになっている。 今回の追悼展に併せ、水谷氏の未発表作品と題字がA4版ジャケットにあしらわれたコラボ作品『Lethe/Catastrophe Point #6』としてリリース(限定500部)。

800個以上もの陶片を天板からつり下げられた直径約270cmの球体は、勇夫氏のご子息であり美術家であるイズル氏と桑山氏が中心となって、3ヶ月かけて復元されたもの。今回の設置にも、およそ3日間を費やしたという。七ツ寺の会場内も、すべて漆黒の闇を湛えた超常空間に。

巨大な心宇宙の真下に寝ころび、そのふくよかな時と空間に抱かれる贅沢さ。鳥が飛び立ってゆく躍動感や宇宙を司るヴィーナスの存在をも想起させる、命の息吹迸る作品。 静と動の営みが音と空間と三位一体になって、心底の扉が開け放たれていく瞬間を、まさしく「体感」。

miz-ug

|

« 和の輪を継ぐ。-其の弐- | トップページ | 淡麗礼讃。-LEXUS- »

音景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/7293783

この記事へのトラックバック一覧です: 心宇宙に泳ぐ。-崩壊点#6-:

« 和の輪を継ぐ。-其の弐- | トップページ | 淡麗礼讃。-LEXUS- »