« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/12

Crazy Dream -RECK MAGIC-

「16歳の私の夢は、長い長い時の果てにこの春、花開きます。きっとその頃、桜は満開だろう。春は限りなく近くに」

「4/7(金) FRICTION[RECK・中村達也]LIVE@得三
フタを開けて見なきゃまだわかんないけど、ひとまずは、限定前売りチケットを、より熱い人たちや身近なファンに確実にフェアに手にしてもらえるよう、かなり心を砕いたつもり。
'04年の北海道ライジングサンでのRECKと達也との共演以来、新宿ロフト以外はすべてこの目で見てきた自分にとっては、なによりもまず、今のRECKと達也との「生」のビートと熱気を、名古屋のファンにも共有してもらいたかっただけなのです。
その思いが、私を突き動かし、走らせた。ただ、それだけのこと。粘りに粘って2ヶ月半。FRICTION名義で決定するとはよもや思いもよらなかったけれど、これはRECKからのご褒美だと思って大切に、真摯に受け止めよう」

コレは、RECKからバレンタインデーの朝に、
一枚のFAXをもらってすぐの、WILDSIDE日記。

「ソノ日」は、名古屋では今年絶好のお花見日和に。
RECKから依頼されたレンタル機材、
ベースアンプ/ampeg:ヘッド SVT-2 +キャビSVT810E
ギターアンプ/JC-120
を引き取りに向かう車中から、満開の桜花を眺め見た。
何かが芽吹く疼きを、カラダいっぱいに孕みつつ。

何度も何度も、「ソノ日」までにRECKと交わした。
大半はFAXで、時にはRECKからの電話で。
達也と蝙蝠がFRICTIONと出会ってから、25年。
四半世紀ともいうね。凄いね。
RECKがFRICTIONとしてLIVEするのは10年ぶり。
ファンはみんな、その“重さ”をとても良く解ってる。
そして、細かい経緯は抜きにするとして、
どういう形で話を進めるにしろ、蝙蝠としては、
けしてRECK自身を焦らせたくなかったので、
「口説く」というよりは、尻尾を振りつつ「待った」。
ひたすらね。RECKの気持ちとタイミングが最優先。
それでなくては全く意味を成さないと思ったから。

決定期限を迎える前日の夜更け。
99%先送りを心に決めていた蝙蝠んちの電話が鳴った。
RECKだった。蝙蝠の胆はもう座りまくってた。
うん。世界中の何処かにはきっと、
RECKが求めているギタリストはいるのだろう。
でも、この時点ではまだ出会っていない。
だから。だけど。
「オレはやっぱり自分の曲をやりたいんだよね」
それは、
「FRICTIONがやりたい」ということに他ならない。
でも、今やらなかったら、いつできるのか?
蝙蝠がその“きっかけ”をくれているのだから、と。
ヒョロい蝙蝠からの提案を一笑に臥すことなく、
当たり前だけどずいぶん考えてくれてるんだ、
それだけで、もう満足だった。一握の期待は残しつつ。

目覚めてバレンタインの朝。
最高の“答え”が、蝙蝠のハートに火を点けた。
−−4.7。やりましょう、「FRICTION」で。

ぶったまげた。
えらい(凄)ことになっちゃった、と思った。
だって、「FRICTION」ですから。
しかも、達也と2人でのワンマン一本勝負。
夢ならどうか醒めないでと、当日まで祈り続るしかない。
公演名の表記を決めるのに、RECKの指示を細かに得て、
かなりデリケートに情宣準備に取り組んだ。
達也のメイン活動は、「LOSALIOS」だ。
RECKにとっても「Gなし」のFRICTIONは、
けしてパーフェクトな体制とは言えない。
しかも、もう“セッション”ではしたくない、
という心持ちは明確だった。
RECKの配慮もスタンスも、蝙蝠にはよく解っていた。
だから告知するに至るまでは、よーく考えた。
そして主催者としては一切、「復活」とか「再始動」、
「再結成」という言葉は用いず、
あくまで、「RECK=FRICTIONを演る」という
それだけのシンプルな理由で、
「FRICTION名義でのライブ」と称し、爆弾投下。
すべては津波の如くうねり、動き出しましたとさ。

これからのことは、わからない。
だれがメンバーとか、もう関係ないでしょう。
それは、4.7.の得三を目撃した人なら解ると思う。
「革新」でしかなかった。そしてそれは、
RECKの「確信」にほかならない音だった。
それに達也は、見事に応え、無垢に昇華させた。
東京ロッカーズなんて、もう私にとっては伝説だ。
でも、RECKは、2006年の春も、
ただただ「壮絶」に「リアル」だった。
最小にして最大、しかも最新!
エフェクターを連ねたRECKのサウンドマジックには、
誰もが度肝を抜かれたろう。
2人にとってもすべて初めての試みで、その最初のLIVE。
でも、最初の1音から最後まで、
紛れもなくフリクション・サウンド。
RECKの歌で、RECKのROCKだった。
「RECKはやっぱり凄えな」「タッちゃん、良く叩けてた!」
そして、「楽しかった」と。
2人にとっても確かな手応えを残す一夜だったかと。
蝙蝠としては、これがひとつの起爆となれば、と願うのみ。

たくさんの愛を受け止め、
たくさんの愛を飲み込める。
誰よりも「我が」ままで、誰よりも「挑戦的」。
そんなRECKに、達也&蝙蝠もメロメロだ。
翌日は2人とも燃えカスみたいになっちゃった。
でも。蝙蝠はきっと、もういたずらに、
かつてのN.Y.に渦巻いていた「狂った夢」を追わない。
なぜなら、RECKも達也も身の毛がよだつほど、
新しく更新し続ける生き物だったから。この目の前で。
今は、2006年。やっと新世紀が見えてきたよ。

ライブが終わってから、気がついたこと。
達也の「レック口説いてよ」というメールから、ソノ日まで、
奇しくもきっかり、5ヶ月目だった。
本当に伝えたい気持ちが伝わるには、
それぐらい時間が必要かもね、ほんとはね。

何よりもサイコーに嬉しかったのは、
ステージ上から眺めるフロアの笑顔と、
得三スタッフI嬢の「結果オーライだて!」という心意気、
そして、当日同行したエミさん(ex.BOYS BOYS)からの
「口説いてくれてありがとう!」
という、満面の笑みでした。こちらこそ謝謝!

私は早くも、〆切片づけ、
燃え尽き体にガソリンぶち込んで、
相模湖までpikaiaのレコーディング合宿へ!
アデュー。


Recka

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/09

4.7.2006-FRICTION -

4.6.「開戦前夜」。
達也に続いて、22:25 RECK名古屋入り
車で駅からピックアップし、今池のホテルにチェックイン
遅めの夕食を「キッチン ダイシン」で。
達也と合流、翌日のライブ会場「得三」の下見へ。
RECKより事前に「達也が客席から見えやすいように」という配慮でオーダーされていたドラムをセットする台の位置決めをする。得三スタッフのイズミ嬢とマナブ君は、深夜にもかかわらず、嫌な顔ひとつせず、細かいニーズにも迅速丁寧に応えてくれる。まったく、このハコなくして蝙蝠の暗闇活動は成し得ない。オーナーの森田氏をはじめ、海外旅行中のPAスタッフ臼井君も、旅先から何度もフォローをして蝙蝠を支えてくれた。得三は、名古屋が世界に誇れる、最高のライブハウスなのだ。

「明るいところで珈琲もう一杯つきあわない?」という
RECKのお誘いで、デニーズへ。
3:00 ホテルまでお送りし、蝙蝠も帰宅。
3:25 RECKより最終の確認の電話。

4.7.「開戦当日」。
11:00 PASS RECORDSスタッフ、PAスタッフ得三入り
得三でおなじみのPAスタッフ福井さんも、朝からスタンバってフォロー、万全のサポート体制だ。京都からは、この日が実現するまで、蝙蝠を熱く応援してくれていたしのやん(ex.SS,ザ・コンチネンタルキッズetc.)の激励メールが届く。
13:30 B,Gアンプ搬入
13:40 RECKに続いて達也が早めに入り
14:00〜 サウンドチェック、リハーサル開始
茂木恵美子さん(ex.FRICTION,BOYS BOYS)も同行。
途中、RECKの機材にトラブル発生するも、スタッフの迅速なフォローで無事解決。
また、朝より得三スタッフが制作してくれたドラム台を設置したものの、達也の低音の抜けが今ひとつ。やりにくそうな達也の表情をRECKが気遣い、結局撤去・解体・再セッティング。
とにもかくにも、得三・PAスタッフの迅速かつ柔軟な対応で、達也本人のOKも出て、リハーサルはスムースに進行。RECKからオーダーされた酸素入りウォーターを2人に手渡す。ほっ。
18:00 リハーサル終了
18:30 予定通り会場・客入れ
Mr.FのDJプレイスタート
通常はフラットな店内の後方フロアを、特設でビールケースの高さ分上げてある。プロジェクタースクリーンも設置。至れり尽くせりの得三会場に、続々とお客さんが飲み込まれていく。
250名限定のチケットは、前売り段階で完売。当日「なんとか入れるかも?」というお客さんも何人か来てくれたけれど、キャパを考えると追加は到底無理なため、当初の予定通り、当日券は発行せず。

快い緊張感と和やかな雰囲気の楽屋にて。達也はウォーミングアップしながらRECKと曲の最終確認。RECKはセットリストを多めにスタンバイしていた様子。RECKの指示で、最終的にPAへのモニター調整を2度ほど伝えに行く、“伝書蝙蝠”。
会場にはThe 原爆オナニーズのエディ(b)と、初期原爆オナニーズのギタリストBUKKA氏が、25年ぶりの再会を果たすなど、名古屋ならではの顔ぶれがそろって、温度は既に上昇。

時間だ。3人で「さあ、行ってみよー!」と元気よく声をかけ合って、ステージへ。私はミキサーブースへ。
19:40 10分押しで、いよいよ10年ぶりのFRICTIONが開演!

1曲目は「missing kissing」
以下、概ねのセットリスト(後日再確認します)
cycle dance
gapping
big-s
highlife
choke
defence
red light dumb
zone tripper

encore #1
fire
crazy dream

encore #2
pick up

ライブ中、アンコール前の楽屋でも、RECKは何度も蝙蝠に時間チェックを入れる。
ライブ本編終了の段階で、ほぼ1時間。サウンドのトラブルも特になく、歌の調子もすこぶるよさそう。すぐに予定通り2回のアンコールを決定し、PAスタッフに伝達。
会場の熱気と興奮は、MAX状態。RECKも疲れを見せず、ディープにシャープに、噛みしめるようにプレイしている。
最後のアンコールにも、勢いよく飛び出していく。

大歓声と拍手の中、無事ライブ終了。
「や〜今日はROCKしちゃったな〜」と、RECK。
客電が上がってしばらくしてから、蝙蝠に、
「お客さん、もう帰り始めてる?今からならもうちょっとやれそうなんだよなー」とサングラスを外したまま、RECK。達也は達也で、「まだ全然やりたりーんっ!」
第2部もやれば良かったかな(笑)

機材の片づけ中も、ファンに囲まれて話し込んだり写真を撮ったり。終始にこやかなまま、本当に楽しそう。
11:10 得三の近くの台湾料理店「味仙」で軽めに打ち上げ。
2:00頃 再び得三へ。精算。
5:00頃 解散

以上、まずは取り急ぎご報告まで。
得三の皆さん、同行スタッフの皆さん、DJ:Mr.F、お客さん、
おつかれさまでした。本当に本当に、ありがとう!
まさに「壮絶」、一気に駆け抜けたFRICTION LIVEでした。
既にmixiのフリクション・コミュニティにも、続々とレポートされている模様。
音楽ライターの小野島大氏も取材に来られ、次号の「ミュージック・マガジン」にレビューが掲載される予定とか。写真・ビデオ撮影、レコーディングについては、現在のところCD/DVD化の予定は未定とのこと。
蝙蝠の感知した「FRICTION DAYS」は、後日また。

Fri2_1Fri3
Fri4
Fri6
Fri5

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/04/06

THE ROLLING STONES名古屋初公演。

ミック単独来日から始まって、7度目の正直。ラッキーセブン!ようやくたどり着いたよ、人生史上最接近!だよ。
上手花道2列目、でも柵側なのである意味最前列。すぐ目の前にキース。私のキース。愛しいキース。今回は一度きりしか花道に来てくれなかったけど。ミックは衣装を変え、何度もコールをしに来てくれた。
嘘みたい。ナマモノをこんな近くで見られるなんて!ほんの5歩前進すれば、手が届いちゃうんだものね。
4曲目(だっけ?)「rubytuesday」のイントロで、脳天にカミナリが直撃して、全身の皮膚に電流が。今回の公演を何年か先に思い出す時はきっと、アノ瞬間と間近で見たキースの表情だろうなあ。キースの「Happy」は、最高でした!
花道をステージごとアリーナ中央まで移動するという、ストーンズならではの大がかりな仕掛けは、昨年癌治療を克服したばかりのチャーリー・ワッツのためだったのかな?演奏しながらフロアごと動き出した時、「ドリフみたい」と思ったのは蝙蝠だけ?(笑)ティム・リースらホーン勢も、目の前でゴージャスにブロウ!!

公演自体は、やはり初来日のビッグエッグと前回'03年の大阪ドームが蝙蝠的には最強かな。
名古屋はJAPANツアー最終日というのに、全体の入り・ノリ・ムードとしては、過去最低温度の印象。しかしそこは、ナイトの称号を持つサー・ミック。よくつき合ってくれました。名古屋弁までおぼえてまって、どえらいズッコケてまったがね(笑)でも、いつもの超人的な花道激走もなかったし、キースのやんちゃパフォーマンスも、心なしかおとなしくて、個人的にはちょっと寂しさの残るところも多かったのでした。

ストーンズ公演は、「お祭り」だ。
しかも、とびっきりに贅沢な。
新世代ファンもマニアもデビュー組も、みんながスチャラカ、手を挙げて、足を踏み鳴らして、声を枯らして踊らなソンソン。これこそ、「楽しんだモン勝ち」の世界ですから。基本的には、ひとりひとりのスタンスで楽しめるのが、ストーンズ公演のフトコロの広いトコ。毎回脂汗流して悩むほど高価なチケット代だけの価値は、しっかり彼らが用意してくれている。セットも破格の規模で。
ただ、それ以上にエキサイティングな瞬間を求めるなら、当然オーディエンスのパワーと熱意にかかってくる。
カタいことは言うつもりはないけど、無理を承知で言わせてもらえば、祭りをより盛り上げるには、物見客だろうが招待客だろうが、少しぐらいは予習してきてくれるとありがたい、っていうのがホンネの気持ち。とりわけストーンズの場合は、ライブ定番曲ってのがほぼ決まってるだけに。
もちろん、復習で盛り上がるのもOKなんだけど、それはまた、話が別として。LIVEはナマモノだし、二度とないその瞬間を最高潮で迎えたいじゃん!と、さらなる贅沢を求めてしまうのね。熱反応が高ければ、きっとまた自分たちの街に来てくれると思うから。だってまた来てほしいもん!名古屋。
蝙蝠ファミリーのデビュー組は、そのへん「さすが!」のエキサイティングなマナーで、あふれんばかりのパワーをもらった様子。よかったよかった。なによりも、世界一フレッシュなバンドだということ。それはライブを観たら一目瞭然。

蝙蝠はというと、前回ツアーTシャツセクシーバージョンはもちろん、下着からストッキングまで一張羅を身につけるという入魂ぶり。毎度の通り、RED×BLACKのジャケットにブーツで。
だって、世界一ワイルドで、ゴージャスで、エレガントで、キュートな「プレミアム・ショー」ですもの♪なんと、オープニングに現れたキースとミックも、RED×BLACK!ビンゴ!
 「JUMPIN' JACK FLASH」から火を入れ、BIGGER BANG TOUR初の名古屋公演は幕を開けた。
ちなみに・・・今回のセットのテーマは、ひょっとしてNYのグッケンハイム・ミュージアムですか?
開演前ならよかろうと、許可をもらい撮ってみました。セットが桟敷席にもなっていて、観客が鈴なりに。撤去は驚くほどすばやかったです。早くも御大達は、機材ごと今朝上海に旅立ったようですね。まったくタフに転がり続ける石達。「流石!」
StonesStones2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »