« 在ること居ること。-4泊5日四国旅- | トップページ | 古今東西安藤忠雄 −ベネッセハウス− »

2006/05/25

遊びの庭。−TARO&ISAMU−

旅の回想をする前に、埃を払っておきたい記憶。

前衛・コンテンポラリーなアートや建築、
即興的パフォーマンスやインスタレーション。
若き日の蝙蝠は、そういった抽象的な表現のよろずに、
興味はあっても、正直どこか手放しで心酔できずにいた。
おそらく心の入口に「知らなくては、解らなくては」という
焦燥にも似た古暖簾が一枚下りていたんだろう。
実際、およそ魂の欠片も感じられない貧しきモノも、
世の中にはわんさか転がっていたのだから仕様がない。
それでもそれらと隔絶する気はなく、
気の向くまま、ことある事に足を向け、
自分の素眼を試すつもりで向き合ってみたりした。

心から楽しくなったのは、子どもの頃の目線を取り戻し、
「ここは遊び場なんだ〜」と感じられた時だった。
それまででいちばん楽しく遊べたのが、
東京南青山3丁目にある故岡本太郎邸のお庭だった。
今の仕事に就いてまだ若干2年目の若蝙蝠は、
某社の情報誌取材で、氏のお宅の門戸を恐る恐るくぐった。
氏の著書のほとんどを事前に読破して臨んだ甲斐あり、
インタビューは和やかに進み、お庭へ案内していただく。
そこには、見覚えのある数々のモニュメントが、
瀟洒な都心のエリアにしては閑静な小さな庭に、
ぼうぼうの草木に囲まれて、「にこやかに」並んでいた。
名古屋・久国寺の梵鐘「歓喜」のミニチュアは、
軒先の物干し竿に無造作に揺れていて、隆々とした突起も、
どことなく可愛らしく見えた記憶がある。
と、やにわに太郎先生。古サンダルつっかけ、
木槌を手に、これまたやみくもにその角をぶっ叩き始めた。
何重奏もの錆びた鉄の音が、
鈴虫のように軽やかに、自由奔放に鼓膜に響く。
もの凄く楽しい、秘密の遊び場に連れてきたもらった気分。
太郎先生は、“いなかっぺ大将の大ちゃん”(笑)みたいに、
蝙蝠の手を取り、つま先立ちで、踊り出す。
蝙蝠も楽しくなって、それまでの緊張が解れちゃいました。

それまで美術館や公共施設、印刷物で見る氏の作品を、
蝙蝠は、そもそもあまり好きではなかったんだな。
でも、大阪万博公園に今も雄々しく立つ太陽の塔のB面や、
遊具と同じように公園内に置かれた作品、
そして、今は「岡本太郎記念館」として一般公開されている、
あの懐かしのお庭にあった“子どもたち”は、
みな一様に、どことなく無邪気で、愛くるしい。
蝙蝠は、ようやくぶ厚く薄汚れた老舗暖簾を、
岡本邸の小さな白い門を境界線にして、
エッヤッ!とくぐり抜けられたのでした。

それから10年ほどの時が過ぎて。
再び私を「遊びの庭」に連れ戻してくれたのが、
NYウォール街の外れのチェースマンハッタン銀行中庭、
イサム・ノグチ作のSunken Garden(1961-64) Red Cube(1968)
あのグランド・ゼロはその近く。
当時はまだ、WTCのツインタワーが堂々と仁王立ち。
その足元をちょこまか、あっちからこっちから覗いては、
自分だけのお気に入りの景色を切り取る。
その縦横無尽な楽しみに、すっかり味をしめてしまったの。

写真は上から
直島の海辺のアイドル・草間彌生「パンプキン」
ベネッセハウスの空中テラス
大竹伸朗「シップヤードワークス 船底と穴」
「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」・壁画「創造の広場」


Yayoi1_1
Beneart1
Ino

|

« 在ること居ること。-4泊5日四国旅- | トップページ | 古今東西安藤忠雄 −ベネッセハウス− »

オシゴトテシゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/10235088

この記事へのトラックバック一覧です: 遊びの庭。−TARO&ISAMU−:

« 在ること居ること。-4泊5日四国旅- | トップページ | 古今東西安藤忠雄 −ベネッセハウス− »