« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/30

六月の紫陽花。-フォーシーズンズ椿山荘-

6月ももう終わり。夏が来る前に、今年も発熱。
水の季節にごくごく水を飲んで、汗をかく。
熱冷ましに、名残の紫陽花でも愛でましょか。

Ajisai1

Ajisai2

Ajisai3

Ajisai4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/25

ring-links。

更新しました。
載せ出すとキリのない夜巡りコネクション。
あえて愛とリスペクトを凝縮して抜粋。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/24

初夏ワイン。 -カプスーラ・ヴィオラ2005-

6月のいちばんのお楽しみは、夏限定のお家ワイン。
ブルーノートのミーティングの後いつも立ち寄る明治屋で、入荷直後に発見!イタリア・トスカーナ地方の名門ANTINORI社より、今年も「紫のカプセル」が届きました!
カプスーラ・ヴィオラ 2005
'05年はヨーロッパ全土がたいへん天候に恵まれた年だったのだとか。トレビアーノ種を基調としたフレッシュな果実味がバランスもよく、繊細な味わい。口当たりのいい爽やかな辛口なので、新鮮な素材を使った軽めのお料理にぴったり。お刺身やマリネ、冷しゃぶ、シェーブル(山羊)等のフレッシュなチーズ・・・。うーん、とれたてのフレッシュトマトとバジルで作る、冷製カッペリーニとかにも合いそう。
難点は・・・あまりに爽やかで舌に心地よい味わいなので、一本ぐらいつるっと開けられちゃうこと。わが家では早くも4本消費。このままいくと・・・いったい何本のカプセルを開けちゃうのかしら?
毎年生産量を限定して造られ、夏季のみのリリースで予約制のため、追加することが難しいのだとか。店頭やネットショップでも残りわずかのようですね。蝙蝠も、まだまだこれから始まる夏のためにオトナ買い。お値段もほどよい夏開きワインなのです。

写真は、'05年12月にオープンしたマンダリン オリエンタル 東京の38階最上階「オリエンタル・ラウンジ」にて。奥のカウンターには、一口サイズのタパスを贅沢に楽しめる6席限定「タパス モラキュラーバー」も併設。摩天楼で楽しむ初夏の宵には、よく冷えた白ワインが最高。ああ、いい眺め。

Mandarinbar

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/06/19

吟遊詩人の銀幕ソング。−寺田町−

かれこれ、15年以上になる。彼と出会ってから。
使い込んだアコギ一本肩に背負い、北は北海道、南は九州まで。時にはソロで、時にはロックバンド「横道坊主」でも活躍のベーシスト・橋本潤(ex.ロッカーズ、シーナ&ロケッツ、泥沼楽団)との麗しき不良中年DUOでの吟遊旅。これが、彼のライフワークとなって久しい。
その唄い姿は、暗闇のステージでしなやかに背骨を踊らす黒猫のようであり、風暗い街の路地裏物語を映しだす幻灯師のようでもあり、月あかりの甘くほろ苦い光で心を包むセレナーデの紡ぎ手であったりする。
かつては、「和製トム・ウェイツ」と多く称された彼のしわがれ声は、怠惰と退廃を上澄みだけで演じる贋物・如何物ではなく、少し鼻にかかった甘さがどこかくすぐったくもある、ホンマモン色男の溜息なのである。

言葉はよく吟味され、煌めきを丹念に織り込んだ詩は、モノローグで綴られる銀幕を、脳裏と心底に映しだす。彼の唄が投げかけてくるキーワードは、いつも蝙蝠を、ゴダール映画のアンナ・カレーニナや、ヴェンダース映画の風来坊たちや、ボニー&クライドにさせてくれる不思議な魔力があるんだなあ。
そんな彼の唄声は、映画「鬼火(望月六郎監督・原田芳雄主演)」や「レグラバザポチ(中村一彦監督)」の中でも聴くことができる。フィルム・ノワールにぴったりしっくり来るのは、彼自身が無類の映画好きということもあるかも知れない。

こちらが溜息をつかされるのは、その独特の唄世界だけじゃない。爪弾くギターの生の音色も、近年はことさら艶を増し、繊細なメロディからロックやブルース魂を骨太に感じさせるビートまで、耳を傾けるほどに心地よい響きに満ち溢れている。ギター弾きならば、秘かに必見、必聴のアコギ名手でもある。

さて、(久々の)閑話休題。
今年も夏の始まりに、彼が名古屋の街にやってくる。蝙蝠は毎年、彼のツアーはじめのこのライブで、夏開き。
今回は、前作『月にひまわり』(2005)に続き、なんと10作目となる最新ソロ作『暁と夕べに』を引っ提げてのCDリリース記念ライブ。
名古屋今池のBAR ZEROでは、マイクもなし、完全「生音・生声」でのネイキッドなステージに。マスターNAOKIの洒脱なカクテルや、選りぬきワイン・焼酎のグラスを片手に、氷も手も足も鳴らして、くつろぎの酩酊を楽しもうじゃありませんか。
緑の公園をバックスクリーンに、どなたさまも、銀幕の主人公に。
LIVEの詳細はこちら。

■寺田町ソロLIVE(名古屋今池)
6月25日(日)  music saloon ZERO
20:00START/ライブチャージ 2000円

その他のツアースケジュール・プロフィール・ディスコグラフィー等「寺田町」の情報はこちらからどうぞ

 寺田町公認website

 ○MobileAkatuki5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/17

FRICTION夏の陣。

いま。蝙蝠を最も心地よくさせてくれる男達。
「ふたりのFRICTION」。
愛されるより、愛したい。や、ちがった。
同じ時間を過ごすほどに、
キモチの深いところが熱々に満たされていく。

なんなのだ。このふたりの美しさは!
最高にピュアで、最強にクール。底抜けにフール。
RECKの生き方、考え方のブレの無さは、真芯そのもの。
達也が「ドラムを叩くことと向き合ってきた時間」も
また同じに揺るぎないことは、蝙蝠がよく知っている。

そんな“ふたり”がふたたび、合体するぞ。
7月18日・渋谷クアトロ。
名古屋の春に続く夏の陣は、いよいよ東京シティ。
来るぞ、来るぞ、来るぞ、来るぞ。手強いぞ。
行けよ、行けよ、行けよ、行けよ、負けるなよ。
その名はFRICRTION。

魂のブラザーズ、すみません。
アップしちゃいました。ナゼにおんなじカオ(笑)
夏に向かって、熱烈にアップアップ。
火が点いちゃったら燃えるだけ。

Re1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/11

新連載!? −エコアクションニュース−

幼なじみが発行している地元フリーペーパー「ポゥ」にコラムを寄稿していたら、アフター万博関連事業でWEB NEWSに取り組む会社から、レポーター依頼が舞い込んだ。
んーむ。暗黒世界に眼がなじみきった蝙蝠が、パプリックにエコなアクションをレポートする???
ちなみに蝙蝠のマストといったら、ゴミの詳細分別と保冷機能付きお買物バッグの常用ぐらい。あとは、地球生活者としてのマナーの範囲で。多少の面倒ぐらいはオーライ。でも、ペットボトルでロケットを打ち上げたりはしません。
いずれにしても、蝙蝠VIEWで“Search&Destroy”。まずは、NY近代美術館MoMAのミュージアムショップでも販売されている、イカす「間伐材バッグ&プロダクツ」をお題に、ブログレポーターデビュー。
しかも四国旅から帰ってのお仕事一発目、
「四国・瀬戸内の物産と観光展」よりネタをいただき!
松坂屋本店本館7階大催事場にて、6月7日(水)〜12日(火)まで開催中。
デザイン的には、ロハスでミッドセンチュリー。エコロジー云々はさておいても、なかなか魅惑的なプライス&テクスチュアですよ、一見の価値あり。

【Eco Action News】「Do it!サイクリング
Goods2_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/05

古今東西安藤忠雄 −ベネッセハウス−

瀬戸内海に浮かぶアートの要塞、ベネッセアートサイト直島
やはりマストはベネッセハウスでの宿泊と、地中美術館
どちらも、安藤忠雄建築を代表する「作品」ゆえ、
館内撮影は基本的に御法度だ。
文字通り小高い山中に“埋まってる”地中美術館に至っては、
エントランスに続くアプローチ門前から不可。
蝙蝠の瞼シャッターと網膜に焼きつけるしか、術はない。
高松のイサム・ノグチ庭園美術館も然り。いいのよ、別に。
写真にいちいち残さなくても、無問題。
ジェームス・タレル作品だって、
イサム・ノグチの仕事場だって、
あれはその場体験してみにゃ伝わってこない磁力。
写真や図録じゃ全然意味がナイ。抜け殻でしかない。
「記録より記憶に残す旅」って。上等じゃあないですか。

Be7

ホテルがそのままコンテンポラリーミュージアム、
なんて贅沢な、オトナの遊び場なんでしょう。
浜辺にも、山の中腹にも、ホテルの外も中にも、
そしてくつろぎの客室までもがアートギャラリー。
海も空も砂も木々も野草も、建物が映しだす影や色、
なんもかんもが、遊び=アートな仕掛けやネタに。
それに気づいたり、見つけたりするのがまた、楽しい。
気づかない人もいっぱいいるだろし、
気づけなかったことも、いっぱいありそう。
蝙蝠がよく夏休みに泊まった民宿周辺に基地を作ったように、安藤忠雄もやらかしちゃったか!
よほどのゴーマンかメガロマニアじゃないとできないね。
建築家って。

蝙蝠部屋は、「Museum room202」。
room335は、ラリー・カールトン。
「文化大混浴 扇のためのドローイング/蔡國強」。
眼下の海辺沿いに垣間見える、
奇岩に囲まれた海辺の野外露天風呂、“文化大混浴”。
蝙蝠たちがその風呂に入るのも、アートコラボなんだと。
四季の風情が墨で描かれた4部作。
和でも洋でも中でもない、ライト風味が愛らしい。
ミュージアムショップで記念に買ったのは、「春の扇」。

Be5
Be13
Be1

サンセットを眺めながらのウェルカムシャンパン。
館内のギャラリーツアーのヘルプ解説を、
ホテルスタッフがやってくれるあたりがアットホーム。
いらんようないるような。でも。
聞いてみないとワカラン、作家のメッセージとやらもある。
解説されるとよけいにワカランということも、当然ある。
蝙蝠はシンプルに「好み」と「カイカン度」を基準に“体感”。
安田侃 「天秘」の上に寝ころんで、
切り取られた夕空を放心で眺める蝙蝠たち。
作品タイトルがエエね。エエね。
石の円みがしっとりやわらかくて、化石になれそう。
ディナーのひとときをエスコートしてくれたのは、
世界の水平線を撮った屋外のフォト作品と、窓いっぱいに広がる瀬戸内海の水平線との夕景コラボレーション。
店内に響く話し声のディレイがとっても絶妙で、
音楽がないことが、かえって耳をよろこばせる。

Be8

アメニティは英国のオーガニックブランド。
ライティングデスクの引き出しを開けると、
聖書といっしょに直島ゆかりのアートブックが数冊。
夕食後には、お部屋に“お夜食”が。
ちょっとしたサプライズが嬉しい感じ。
メッセージカード付きのギフトボックスの中身は、
柚の香も上品な、おいなりさんが4つ。
豪華晩餐の〆のばら寿司さえ食べきれず、
セコセコ、お部屋に器事運んでいただいた蝙蝠たち。
翌朝テラスで、優雅な朝食としてセッティング。
タダ飯オーライ、ムード作りはお手のもの。
おいなりさんに添えられていたカードの裏に、
「Thank you!」の走り書きを残して、部屋を発つ。

Be9_1
Be11
Be14

【蝙蝠思案箱】
本館のMusiumとOvalに加え、海岸に面して新館2棟が5/20にオープン。それに先駆け、蝙蝠たちが宿泊した翌日に内覧会があった模様。黒塗り自動車が何台も連なって。
こちらはアートというより完全に、リゾート施設。今後は旅行会社のツアーやリゾート客がわんさか訪れて、さぞかし賑やかになるんだろうなあ。
これまでは、直島随一の大型宿泊施設であるベネッセハウス本館でさえ、客室数はわずか16。しかも、良くも悪くも“現代アート”という括りがあるせいか、小さい子ども連れや団体は少なく、私が見た限り、心地よく過ごすためのマナーをわきまえたアート・トリッパーが多かったように思う。
そうでなかったとしても、商魂剥き出しで出迎えたりしない、「素にして野だが卑ではない」 直島の人々の“もてなしの心”が、旅人たちの「掻き捨て恥」や「食えない気取り」をやんわり抑制してきたのじゃないかしら。
さて、これからの直島。どのように“歴史はその時動いちゃったり”していくんでしょね。
Betoyo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »