« 遊びの庭。−TARO&ISAMU− | トップページ | 新連載!? −エコアクションニュース− »

2006/06/05

古今東西安藤忠雄 −ベネッセハウス−

瀬戸内海に浮かぶアートの要塞、ベネッセアートサイト直島
やはりマストはベネッセハウスでの宿泊と、地中美術館
どちらも、安藤忠雄建築を代表する「作品」ゆえ、
館内撮影は基本的に御法度だ。
文字通り小高い山中に“埋まってる”地中美術館に至っては、
エントランスに続くアプローチ門前から不可。
蝙蝠の瞼シャッターと網膜に焼きつけるしか、術はない。
高松のイサム・ノグチ庭園美術館も然り。いいのよ、別に。
写真にいちいち残さなくても、無問題。
ジェームス・タレル作品だって、
イサム・ノグチの仕事場だって、
あれはその場体験してみにゃ伝わってこない磁力。
写真や図録じゃ全然意味がナイ。抜け殻でしかない。
「記録より記憶に残す旅」って。上等じゃあないですか。

Be7

ホテルがそのままコンテンポラリーミュージアム、
なんて贅沢な、オトナの遊び場なんでしょう。
浜辺にも、山の中腹にも、ホテルの外も中にも、
そしてくつろぎの客室までもがアートギャラリー。
海も空も砂も木々も野草も、建物が映しだす影や色、
なんもかんもが、遊び=アートな仕掛けやネタに。
それに気づいたり、見つけたりするのがまた、楽しい。
気づかない人もいっぱいいるだろし、
気づけなかったことも、いっぱいありそう。
蝙蝠がよく夏休みに泊まった民宿周辺に基地を作ったように、安藤忠雄もやらかしちゃったか!
よほどのゴーマンかメガロマニアじゃないとできないね。
建築家って。

蝙蝠部屋は、「Museum room202」。
room335は、ラリー・カールトン。
「文化大混浴 扇のためのドローイング/蔡國強」。
眼下の海辺沿いに垣間見える、
奇岩に囲まれた海辺の野外露天風呂、“文化大混浴”。
蝙蝠たちがその風呂に入るのも、アートコラボなんだと。
四季の風情が墨で描かれた4部作。
和でも洋でも中でもない、ライト風味が愛らしい。
ミュージアムショップで記念に買ったのは、「春の扇」。

Be5
Be13
Be1

サンセットを眺めながらのウェルカムシャンパン。
館内のギャラリーツアーのヘルプ解説を、
ホテルスタッフがやってくれるあたりがアットホーム。
いらんようないるような。でも。
聞いてみないとワカラン、作家のメッセージとやらもある。
解説されるとよけいにワカランということも、当然ある。
蝙蝠はシンプルに「好み」と「カイカン度」を基準に“体感”。
安田侃 「天秘」の上に寝ころんで、
切り取られた夕空を放心で眺める蝙蝠たち。
作品タイトルがエエね。エエね。
石の円みがしっとりやわらかくて、化石になれそう。
ディナーのひとときをエスコートしてくれたのは、
世界の水平線を撮った屋外のフォト作品と、窓いっぱいに広がる瀬戸内海の水平線との夕景コラボレーション。
店内に響く話し声のディレイがとっても絶妙で、
音楽がないことが、かえって耳をよろこばせる。

Be8

アメニティは英国のオーガニックブランド。
ライティングデスクの引き出しを開けると、
聖書といっしょに直島ゆかりのアートブックが数冊。
夕食後には、お部屋に“お夜食”が。
ちょっとしたサプライズが嬉しい感じ。
メッセージカード付きのギフトボックスの中身は、
柚の香も上品な、おいなりさんが4つ。
豪華晩餐の〆のばら寿司さえ食べきれず、
セコセコ、お部屋に器事運んでいただいた蝙蝠たち。
翌朝テラスで、優雅な朝食としてセッティング。
タダ飯オーライ、ムード作りはお手のもの。
おいなりさんに添えられていたカードの裏に、
「Thank you!」の走り書きを残して、部屋を発つ。

Be9_1
Be11
Be14

【蝙蝠思案箱】
本館のMusiumとOvalに加え、海岸に面して新館2棟が5/20にオープン。それに先駆け、蝙蝠たちが宿泊した翌日に内覧会があった模様。黒塗り自動車が何台も連なって。
こちらはアートというより完全に、リゾート施設。今後は旅行会社のツアーやリゾート客がわんさか訪れて、さぞかし賑やかになるんだろうなあ。
これまでは、直島随一の大型宿泊施設であるベネッセハウス本館でさえ、客室数はわずか16。しかも、良くも悪くも“現代アート”という括りがあるせいか、小さい子ども連れや団体は少なく、私が見た限り、心地よく過ごすためのマナーをわきまえたアート・トリッパーが多かったように思う。
そうでなかったとしても、商魂剥き出しで出迎えたりしない、「素にして野だが卑ではない」 直島の人々の“もてなしの心”が、旅人たちの「掻き捨て恥」や「食えない気取り」をやんわり抑制してきたのじゃないかしら。
さて、これからの直島。どのように“歴史はその時動いちゃったり”していくんでしょね。
Betoyo

|

« 遊びの庭。−TARO&ISAMU− | トップページ | 新連載!? −エコアクションニュース− »

BEAUTIFUL STAY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/10408232

この記事へのトラックバック一覧です: 古今東西安藤忠雄 −ベネッセハウス−:

« 遊びの庭。−TARO&ISAMU− | トップページ | 新連載!? −エコアクションニュース− »