« おひとりさま。-HOTEL B.L.T.- | トップページ | 男前花屋の基地潜入。-東 信- »

2006/07/27

ホテル徘徊。-センチュリーハイアット東京-

旅先での宿泊は、もともとバックパッカー並みのコスト感覚。
国内外問わず、夜巡り蝙蝠にとって宿は「置くだけ」「寝るだけ」の場所に過ぎないので、世界最高の滞在コスト大暴騰都市N.Y.やLONDON市内でさえ、〜60$や30£で寝泊まりできるなら、とことん探しまくる。見ず知らずの人んちに居候だってしちゃいます。
が、仕事に絡むとなると話は別。以前場末のラブホ・プロデュースをかじったこともあったけど、ここ数年はシティホテル関係のプレゼンテーションが増えてきたこともあり、出張ついでにリサーチをかねて、自腹で高級ホテルを巡回する機会も多くなりました。ええ、自腹です。モトはしっかり取る覚悟ですけど(笑)
前置き長くなりましたが、つい最近お泊まりしたセンチュリーハイアット東京。ロビーアトリウムに足を踏み入れた途端、思わずマンガのように目が眩んでヨロめいてしまったのが、なんとも豪勢なクリスタルの巨大シャンデリア。
床の見事な大理石モザイクと、鮮やかなステンドグラスともゴージャスにマッチした、アールデコ調。ちょっとハートを鷲づかみされるモダンなデザインです。デートのお迎え待ちの間、シースルー・エレベーターでフロアや角度を変えて、溜息連発しながら見入っちゃいました。
そこで気になったのが、「これ、どうやって掃除するんだろ?」というギモン。一旦下ろしてクリーニングするんだろうけど、考えただけで再び目眩が。なんせ敵は(なぜに敵?)、高さ28m、重さ2トン、11万6千個のビーズが煌めく超強者ですよ!ホテルスタッフ掴まえて、突撃取材すればよかったと後ろ髪引かれつつ、ホテルの部屋でネット検索してみたら、ありました!センチュリーハイアット東京 コンシェルジュ日記「ロビーシャンデリアが休むとき」という、メンテナンスレポートが。仕上げはすべて、「手磨き」。約10名がかりで、丸3日だって。別の意味で、再び溜息。宿泊予約サイトの割引まで使ってお泊まりしちゃって、申し訳なかったです。でも、立ち寄ってロビーで眺めるだけでも、一見の価値有り。普通なら、メンテナンス中に予約していたらガッカリするところだけど、蝙蝠は、ちょっとその大規模なクリーニング・プロジェクト、ぜひ一度観察してみたいなあ。
ちなみに、シャンデリアのデータはこちら
飛行機乗りのナイスガイに、瀟洒な中国宮廷料理レストラン「翡翠宮」にて、一足早いバースデーを祝ってもらい、肩を並べて新宿ピットインのライブを楽しんで、雨上がりの夜風に吹かれつつ“宿ブラ”。和んだ気分を手みやげに都庁と向き合って眠る一夜は、言うまでもなく快適至極でした。
Hyatt1

|

« おひとりさま。-HOTEL B.L.T.- | トップページ | 男前花屋の基地潜入。-東 信- »

BEAUTIFUL STAY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/11115267

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル徘徊。-センチュリーハイアット東京-:

« おひとりさま。-HOTEL B.L.T.- | トップページ | 男前花屋の基地潜入。-東 信- »