« 夏から秋へ。−江戸編− | トップページ | ブラジルのタンバリン。−パンデイロ− »

2006/09/13

pikaia LIVE! −名古屋今池・得三−

蝙蝠が長年エールを送り続ける2人組。
pikaia-ピカイア-
[渡辺隆雄(tp)小澤敏也(per)]
tpの渡辺は、多次元ジャズユニット「Missing Link」、山田晃士と泥沼楽団の他、忌野清志郎バンドの「NEW BLUEDAY HORNS」でも活躍中の骨太トランペッター。 小澤とともにオリジナル・ラブのツアーにも参加。
perの小澤は、ブラジル/アフリカ打楽器となんでもかんでも熱くピュアなパッションで鳴かせる、パーカッションの名手。 特にパンデイロでは、マルコス・スザーノの奏法・精神を継ぐ奏者として国内でも屈指のプレイヤー。

最新アルバム『SANGUE』は、やはり清志郎と長年タッグを組む辣腕ドラマー 宮川剛(per)、ラティーノにしてロックな指先の魔術師 中西文彦(g)を加え、
pikaia pandeiro special- として、
「パンデイロ」を核にブラジリアン・パーカッションを全面にフィーチャーしたスペシャル編成で完成!
錦絵のごとく多彩な混血グルーヴ&サウンドは、まさに日本初。ジャズ/ブラジル音楽ファン、パーカッションファン必聴!には違いないんだけど、「そのどれもよく解らない」という人にこそ、肩の力を抜いて、さりとて腹の底から楽しんでもらえる音楽なんじゃないかな。
パンデイロは、一見タンバリンのようだけど、ところがどっこい、ドラムセット級の多彩なリズムを生み出すミラクルな楽器。エフェクターを駆使した縦横無尽なリズムのシャワーは、耳に心地よいスコールとなるはず♪

そして、彼らのアルバムジャケットを前作に続いてデザインしたのが、蝙蝠たちdraaawの3人組。コピーライター、イラストレーター、グラフィックデザイナーと、それぞれの肩書きを鍋にぶち込み、骨の髄まで煮込んで三昼夜。ぜひCDを手に取って、中身までトロトロに味わってみてください。

pikaia pandeiro special 「SANGUE」発売記念LIVE!
秋雨前線とともにライブツアーも活発化している模様。
で、ファイナルはいよいよ名古屋!
ライブハウス得三では、draaawによるグラフィックワークスと、
サプライズなコラボレーションでお待ちしています!
く〜楽しみ!作品もみんなに見てもらいたいし、会おうよ。

pikaia pandeiro special@名古屋今池・得三
9/19(火)6:00開場 7:00開演
前売¥2,700 当日¥3,000
*前売りチケットは、ぴあ・得三店頭にて発売中!
得三の電話・メール・FAX予約もOKです。

得三 TOKUZO
名古屋市千種区今池1-6-8 ブルースタービル2F
TEL/FAX: 052-733-3709
PM6:00〜AM5:00(ライヴは7:00〜10:00)
info@tokuzo.com

■pikaia pandeiro special
[渡辺隆雄(tp)中西文彦(g)小澤敏也(per)宮川剛(perc)]
■×draaaw works
[岩田舞海・篠原富夫・柚木美里]

Photo_1

|

« 夏から秋へ。−江戸編− | トップページ | ブラジルのタンバリン。−パンデイロ− »

音景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/11877226

この記事へのトラックバック一覧です: pikaia LIVE! −名古屋今池・得三−:

» ファンクでポップなサウンド炸裂 ── pikaia pandeiro special 名古屋公演 [すきまの隙間]
ジャズ・トランペッター 渡辺隆雄とピュアなパーカッショニスト 小澤敏也のデュオ・ユニット“pikaia”をもとに、中西文彦(g)、宮川剛(per)らを加えた“pikaia pandeiro special”が、CD『SANGUE』発売記念のライブ・ツアーを行っている。 2006.09.19(火)には、名古屋・今池の「得三」でファイナル・ライブが開催される。ここではCD『SANGUE』のジャケットを作成したイラスト制作集団“draaaw”によるグラフィックワークとのコラボレーションも見ることがで... [続きを読む]

受信: 2006/09/16 12:22

« 夏から秋へ。−江戸編− | トップページ | ブラジルのタンバリン。−パンデイロ− »