« 自主って何だ。−映画『血族』を撮った男達− | トップページ | pikaia LIVE! −名古屋今池・得三− »

2006/09/09

夏から秋へ。−江戸編−

暑い日が続いても、風のコロンが伝えてくれる秋の気配。
眩しく過ぎ去った季節を、すこうし目を細めて見送る。
蝙蝠家の場合、エアコンを切って窓を開け放つと、
夏には揺れなかった明珍・鉄箸風鈴が、
澄んだ音色で知らせてくれる。不思議なもんだ。

8月の終わりはインタビューの仕事が立て続けに入った。
中でも最高に熱かったのが、“鉄男・倉田光吾郎”の取材。
場所は東京・中目黒の有名ピザ店「サヴォイ」にて。
彼が現在とっかかっている作業現場だ。・・・しかーし!
いくら晴女といえど、炎天下と溶接現場のWヒートじゃあ、
コッチが溶解しちゃいます(笑)
汗して鉄と格闘する男前ぶりに、ハートも熱々になったけど。
爽快なその笑顔は、一陣の秋風のように清々しかったけど。
ね、カッコイイでしょ。後編インタビューもお楽しみに!

Tetsuo1

Tetsuo2

一仕事終えて。
その日は品川駅正面のホテルパシフィック東京へ。
メリディアン系列だけに、お台場にあるグランパシフィック メリディアン間には、無料送迎シャトルバスが運行されている。
陽が傾きつつある絶好のトワイライトゾーンに、
蝙蝠のエコロケーションが反応しないはずがない。
夏の終わりの、お台場サンセット・クルーズを堪能。
夜の帳が降りてからは、また中目黒へ。
春に上京した蝙蝠の専属バーテンダーThe BONDが、
BONDスタイルのマティニで迎えてくれた。
ああ、久しぶり、この酔い口。
この夏最後の、ドライ&スイート。

Matini

|

« 自主って何だ。−映画『血族』を撮った男達− | トップページ | pikaia LIVE! −名古屋今池・得三− »

オシゴトテシゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/11823366

この記事へのトラックバック一覧です: 夏から秋へ。−江戸編−:

» サヴォイ・トラッフル/Road house Boogie [娯楽発掘]
サヴォイ・トラッフル/Road house Boogieジャンル:J-POPアーティストカナ:サボイ.トラツフルアーティスト:サヴォイ・トラッフル商品名:Road house Boogie品種:コンパクトデイスク発売日:2004/03/27 品番:BS-2曲名: タイアップ: 商品説明:こ...最新演歌全... [続きを読む]

受信: 2006/09/11 05:21

« 自主って何だ。−映画『血族』を撮った男達− | トップページ | pikaia LIVE! −名古屋今池・得三− »