« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/26

FRICTION秋の陣。 -其の壱-

春に名古屋・今池得三で火が点いて、夏には東京・渋谷クアトロ、北海道ライジングサン・ロックフェスティバルと一気に燃え上がり、遂にこの秋、新宿ロフトでも火種は鎮まることなく炎上。しかも、蝙蝠が初めてその音を聴いた『軋轢』時代のギタリスト、「ツネマツマサトシ」率いる恒松正敏グループとの初共演。その場に居ないわけにはいかない。
かつての単車乗り、PUNXマスト映画とも言われた『狂い咲きサンダーロード』『爆裂都市』の監督石井聰亙 DVD-BOX発売記念全国TOURにおける目玉ライブイベント・2日目。

「BURST GIG 1,2,3 」
SOGO ISHII 30th ANNIVERSARY BATTLE supported by ROCK OF AGES
10/23(月) 19:30~ 新宿ロフト
  GUITAR WOLF/日本脳炎 ほか
10/24(火) 19:30~
  フリクション(RECK+中村達也)/恒松正敏グループ/dip
10/25(水) 19:30~
  ROCK'N'ROLL GYPSIES/怒髪天/bloodthirsty butchers

doubtmusicの沼田さんやPASS RECORDSの後藤氏、美術評論家の川添氏、中村達也のマネージャーF氏にご挨拶、ライブ直前に駆けつけた蝙蝠を茂木恵美子さん(ex.FRICTION,Boys Boys)が、迷路のような店内を案内して楽屋へと連れて行ってくれる。
ブルーのライダースを羽織った恒松さんがカッコいい。dsの藤掛さんも居る。藤掛さんは、pikaiaの新譜『SANGUE』でお世話になったFulldesign Recordのレーベルオーナーでもあり、先日江古田Buddyで一度お会いしている。なんだか既にワクワク、でも豪華布陣がくつろぐ中、ちょっぴり照れくさい蝙蝠。そそくさと達也の横に逃げ込む。RECKの姿が見えない。蝙蝠が名古屋・今池のライブハウスHUCK FINNの20周年の際に、企画実行人として編纂に携わった本『SCRAP UNDER1981-2001』を、達也に2冊手渡す。
食い入るように懐かしい写真を覗き込む達也。ほら、この床に眠ってるモヒカン君はアンタですよ。実はこの中に、'87年にHUCK FINN主催の野外イベントに出演した時のFRICTIONの写真が掲載されているのです。場所はひるがの高原。特設ステージの正面、PUNKSたちのトサカ頭の向こうでは、たしか子豚のレースが・・・(笑)
着替えを終えて登場したRECKは、少し髪が伸びて身体もスッキリ。薄手の黒いシャツがどことなくセクシーです、ハイ。酸素スプレーをしこたま抱えていたのが笑えました。4月の得三よりさらに酸素薄そうだもんね、ロフト。

順番は、dip、FRICTION、恒松正敏グループの順。その間を縫って、石井監督作品がスクリーンに上映される。FRICTIONでは満場の人混みをかき分けかき分け、ステージ近くへ。
『THE DIG No.46』の特集で沼田さんが書かれていたテーマ通り、より一層野太く粘りのあるグルーヴとドライブ感にあふれた演奏だった。
1曲目の「CYCLE DANCE 」からラストの「ZONE TRIPPER」まで、一気に駆け抜けた感じ。蝙蝠は今回3度目でようやく、無心でビートに身体を任せて楽しめたかな。アンコールはなし。1曲ごとに空間が炸裂するように歓声がわく。耳に心地いいんだ、これがまた。

合間に川添さんと少し話す。思っていたより、オモシロくて可愛らしい人だなあ。THE DIGでのRECKへのインタビューは、なんと10時間以上にもわたったとか。そのタイトルが「オレはインタビューが好きじゃない」(笑)。
実はこの翌日、蝙蝠は幼なじみでもある達也にインタビューすることになっていたのです。といっても、編集サイドからも、マネージャからも「ふたりの好きにやってください」とのことだったので、達也とは事前にあれこれ相談しながら、卒業文集作りをしている感じ。こっちのタイトルは、「オレはインタビューが苦手なんだて」に決定(嘘)。

p-vine(ブルース・インターアクションズ)の加藤氏と軽く打ち合わせ、恒松正敏グループのライブを覗きに行く。恒松さんがギターを弾いて歌っている。ああ、ああ、このギターだ。10代の蝙蝠の胸を抉り続けたのは。ラストにはなんと、FRICTIONの「CRAZY DREAM」をプレイ!恒松さんもいちばん好きだと言っていた曲だけに、自身の歌にも気迫がこもってる。RECKとはまた違う、剥き出し、ひたむきな九州男のROCK節。その日FRICTIONがやらなかったのはそのせいか。
ロフトでの打ち上げで、RECKと恒松さんが向かい合って話している姿を見て胸が震えた。ナイスショット。瞼で静かにシャッターを切る。
かわりに、現在形2人FRICTIONのツーショットを。この日誕生日のRock A GoGoパラダイス企画しのやんに送る。歌声もオマケ。ちゃんと届いたかな?ハッピーバースデー♪
Loft1

その後は達也に「明日またね」とさよならして、RECKや恵美子さんのいる高円寺の中華料理店へ。mixi「FRICTION」コミュニティの管理人Tさまと、1人でやはり駆けつけていた名古屋の友人Tさんと、夜更けの晩餐に乱入。RECKが店員のようにオススメ料理メニューを読み上げてくれる。まだまだお元気そうです(笑)
RECKとも「また明日ね」と手を振ってお別れ。ホテルの部屋に戻って、暗闇の中で聴くリマスター盤『軋轢』は、蝙蝠に新たな事実と衝撃をもたらした。翌日の達也との「対話」のキーにもなるなと、熱い思いを封じ込めるようにして、朝方ようやく眠りに落ちる。

紙ジャケ仕様でPASS RECORDSの監修のもと、続々と復刻されているFRICTION作品。
左から1st『軋轢』
2nd『Skin Deep』
初リリースされた『Live at "Ex Mattatoio" in Roma』は必聴。
'84年の8月のローマの夜気に、ゾクゾクと皮膚が泡立つ。FRICTIONがどんなにとてつもなくDEEPなバンドか、思い知らされるよ。きっと。
続きは、またね。
A0023694_0464118

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/10/10

消えた11月。−蝙蝠ブログ−

更新は不定期、文字校正はいい加減な蝙蝠ブログ。
何を思ったか、始めた頃のページを読み返そうと、
「バックナンバー」のトコロを見てみたら。
あれれ? ブログをスタートした11月がヌケている。
ココログちゃんの管理ページを見ても、原因フメイ。
誰もカレンダーを遡ってまで読むこたないと思うけど、
ブログ開始1周年の臨月にまんじりともしないので、
蛇足的に出しとくわー。

本日より、蝙蝠所属の尖鋭部隊「Lethe」メンバーが、続々とグラスゴー入り。
「INSTAL 06」出演のため。
この時期は、'99年来、毎年蝙蝠たちのフェス・シーズン。
しかも、初の「Lethe Voice Festival」海外ヴァージョン。
蝙蝠も暗闇カメラマンとして同行予定が、諸事情により結局果たせず。。。。
でもま、秋のU.K.は最高よ。いってらっしゃあい!

写真はスイス・ローザンヌ「Arsenic Studio」でのLethe王子kiyoharu kuwayamaと蝙蝠との暗闇フォトセッション。
(しかし、奇しくも今の情勢下で聴くTOPページの「アリラン」はキツイわね)

Kuwayama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »