« FRICTION秋の陣。 -其の弐- | トップページ | ビオ・デ・ヌーヴォー。-F.パカレ- »

2006/11/11

あるく下町情報誌「ポゥ」

なごやのあるく下町情報誌「ポゥ」3号。
西区円頓寺商店街界隈を中心とした情報誌。
幼なじみ久路里まり嬢が、仲間と奮闘して作ってる。
ついに3号発刊!

20061110

今回の表紙も、カワカタミカコさんのはんこイラスト。
四間道で「月のののうさ」というお店をやってるお姉さん。
めんこい。しっかり「ポゥ」の顔になってます。

そうそう、「ポゥ」とは、猫ちゃんの肉球のこと♪

創刊〜2号では、蝙蝠もシリーズコラムを担当。
タイトルは、「Yen-Townは遊びの庭」。
大正琴や、なぜかストリップ劇場のネタを書いてます。
今回は、堀川を渡るゴンドラのレポートでプチ参加。
創刊号では、中村達也も手書きで思い出語ってます。

ほんと、円頓寺は子どもの頃の遊びの庭だったんです。
昭和の残り香も薄れつつあるアーケード街を元気にさせたい!と、地元に暮らす若手や、建築家、まちづくりプロジェクトの方達も、力を寄せて頑張ってる!
・・・でもね、なんだかみんな、のんびりほっこりした雰囲気なんですよね。コレってとってもだいじ。
「私頑張ってるんだからっ!!」っていう、がむしゃらな気合いばっかでも、周りはぜんぜん、なごめませーん。そーいうのは、絵だとか文章だとか、編集からにおって来ちゃうのね。
一所懸命、のんびりと。
蝙蝠もあやかりたい「お手本」です。

名古屋のいろんなカフェやお店で見かけたら、
ぜひぜひ手にとって、つれて帰ってやってください♪
たまには下町もエエよ。

○縁側妄想仲間「ポゥ編集室」紹介

○エコアクションニュース・インタビュー

○mixiコミュニティもあります。
「名古屋のあるく下町情報誌 ポゥ」

「久路里」 のオリジナル下駄“Moon”シリーズ。
蝙蝠は今夏、渋めに印伝の桐下駄を購入。
東円頓寺商店街(五条橋のある方です)の履物屋「野田仙」にて、鼻緒の調節もしてくださります。ここの下駄はどれも本当に履きやすくて、何処にでも履いていっちゃう♪
お子さんにもオススメ。蝙蝠も、友人の出産祝いに「豆下駄」を贈ったりしています。
Kujiri1

|

« FRICTION秋の陣。 -其の弐- | トップページ | ビオ・デ・ヌーヴォー。-F.パカレ- »

オシゴトテシゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/12642415

この記事へのトラックバック一覧です: あるく下町情報誌「ポゥ」:

« FRICTION秋の陣。 -其の弐- | トップページ | ビオ・デ・ヌーヴォー。-F.パカレ- »