« 「SANGUE」発売記念ツアー第2弾! | トップページ | Park side view-松坂屋本店レストラン街- »

2007/05/29

映画館で映画を観る。-STELLA CINEMA-

Main01

最近、映画館で映画を観ましたか?
スクリーンの中のどんなドラマが胸に残りましたか?
思わず胸を鷲掴みにされたサントラはあった?

昨年から担当し始めたODN 『STELLA WEBマガジン』に、
この春、またひとつ新しいコンテンツが誕生しました。
「映画館で映画を観る」という、当たり前すぎるテーマで、当たり前に関心を持たなくなっちゃった人にも、「映画の本当の魅力を伝えたい!」という熱い想いに駆り立てられ、蝙蝠もびゅんびゅん飛び交っています。

オープン記念の第一回目特集インタビューは、
映画会社シネカノン代表の李鳳宇(リ・ボンウ)社長
かねてからシネカノンの配給・製作する映画はよく観ていた方だったし、雑誌のインタビューやネットの講演レポなどを読んで、「男前な人だなー」と興味を持っていたので、時間制限厳しい中インタビューできると聞き、小躍りしちゃいましたね。折しも現在公開中の『パッチギ!LOVE & PEACE』完成披露試写会の直前を直撃!
続けて特集第2弾は、映画の衣装を担当したスタイリスト・星野和美さんに、知られざる映画製作エピソードをオフレコもふくめ、たっぷりお聞きしちゃいました。衣装スタッフのインタビューなんて、ふだんなかなかお目にかかれないでしょ?蝙蝠的にも懐かしい時代のファッション小話満載で、盛り上がる盛り上がる。
映画自体は世界中のどんな口説き文句やスローガンより蝙蝠が苦手とするサブタイトルだし、公開直前にかつてのホンバン女王・愛染恭子がワイルドサイドなネタでパクられちゃうわ、井筒監督は迷走コメントで窪塚やたけしにコテンパンに罵倒されるわ、立ち上げ早々「パッチギ!(頭突き)」を連続でくらって、ヒヤヒヤどきどき。
まあ、いろんな解釈や黒い噂をどう飲み込むかは、それこそ作品の“映画力”次第でしょう。

それにしても、今回の主役アンソン役の井坂俊哉インタビュー。蝙蝠が長年愛用・絶賛する岡崎の八丁味噌 「カクキュー」の味噌蔵だったんじゃん!こっちに呼ばって欲しかったわー。んもー。
蝙蝠が秘かにストックする「男前インタビュー全集」にぴったりのネタだったのに。そもそもこの企画の立ち上げ時、「ジョニー・デップの来日インタビューとかも…」ってチラフリされて即決したような。『パイレーツ・オブ・カリビアン』、もう公開しちゃってますケド。。。悔しい。。。。クライアントにリベンジ企画練ってもらわねば!

全国の単館シアター紹介も、小さなお楽しみです。
よろしければ、ブックマークしておいてくださいまし。
明日は特集第3弾の取材で五反田へ。
さてさて、蝙蝠通信のお次のお題はなんでしょね。

Img07

|

« 「SANGUE」発売記念ツアー第2弾! | トップページ | Park side view-松坂屋本店レストラン街- »

オシゴトテシゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/15248909

この記事へのトラックバック一覧です: 映画館で映画を観る。-STELLA CINEMA-:

» ジョニーデップ [ジョニーデップ]
ジョニーデップ情報サイト [続きを読む]

受信: 2007/05/30 12:01

« 「SANGUE」発売記念ツアー第2弾! | トップページ | Park side view-松坂屋本店レストラン街- »