« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/18

STELLA1周年。

ODN WEB MAGAZINEが立ち上がってはや1年。
蝙蝠が蝙蝠らしく飛び回れた、感謝すべき1年。
映画サイトも加わって、ますます活気づいてます!
ジャンル不問、世の中のまさにさまざまな分野で、「個星」として輝きを放つ、レアでホットなニューカマーを西へ東へと追っかけて。
最新は、矢野顕子との新ユニット“yanokami”でこの夏、
フェスにもガンガン登場、さらに、くらもちふさこ原作の漫画を映画化、夏休み公開の「天然コケッコー」のサントラも担当した、京都在住のエレクトロージャン、レイ・ハラカミ

「STELLA」は、ブロガーインタビューや、各界の偉業人にフォーカスしたFEATUREシリーズなど、バックナンバーも息の長いアクセス増加があるなど、なかなか好評らしく、クライアントさんも「好い成果出せてます」と満足顔。

映画サイト「STELLA CINEMA」の特集でも、IMAGICAのエンジニア軍団にフォーカス。
こちらも、取材・原稿起こしで四苦八苦したものの、IMAGICA社内でも予想以上にご好評いただいたとか。

結果出してこそ、新たな芽を出せばなお楽しみに。
蝙蝠にとっては、それがいちばんのハーヴェスト!
そして何よりも、素敵人達との出会いがいっぱい。

東京・青山テラスハイツでのパーティーでは、1周年のお祝いも兼ねて映画「さくらん」の舞台装飾でも注目を浴びた
男前花屋のPUNKなアレンジメントと、讃岐うどん若大将の“がいな”うどんを久々に堪能。クライアントさんもキッチンで自慢の腕を奮いまくってくださいました!蝙蝠はベリーベリーなデザート担当。
ええ、このお仕事、取材させていただく方はもちろん、クライアント・スタッフ含め男前率がかなーり高いんです。特にカメラマン陣は、粒ぞろい。こっちが撮りまくりたいって感じです。はぁ。

宴たけなわ、3フロアTOPにてほろ酔いテラス中。
いつもキラキラアイズなAKIくん&パパと談笑中、 声をかけてきてくれたのが、なんと、名古屋出身、
快進撃中の「SEAMO」がシーモネーターを名乗り、地元クラブでぶいんぶいん言わしてた時からの相棒、「TAKI-SHIT」
最近は“音楽作家”として、お江戸で活躍中とか。
いい仕事をする人達は、みんな、いい顔です。

おいしい仕事は待つもの来るものではなく、
おいしく仕上げていくのがミソなんですね。
さあて蝙蝠も次のネタを煮込んでいくぞう〜

おっ、がいな若大将さっそく更新、エラいっ!

Aqua2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/07/10

初夏コレクション。-ミリィカレガリ-

Natsu1

今年は梅雨らしい梅雨のようですね。
スカッと晴れた日はお仕事も早めに切り上げて、ちょっとお洒落して出かけたい宵の蝙蝠。バーゲン・ウィークの街中は苦手なので、バーゲンよりひと足お先に銀座MATSUYAにて、とびっきりキュートでビューティフルなネックレスを購入。
ミラノのビーズアクセサリーデザイナー「MillyCallegari」。医学博士でもある彼女がひとつひとつ手づくりするビーズアクセサリーは、イタリアのカットガラス、フランスのビーズ、天然石を自由にちりばめたカラフルなコーディネイトセンスと、伸縮自在のナイロンワイヤーを色染めしたフレキシブルなスタイルが魅力。
ヨーロッパの淑女やプリンセス御用達、日本でも大人気です。何十本もコレクションしている女性のブログがいくつもあったりするほど。
若いお嬢さん方は淡い色調を選ぶ人が多いようだけど、蝙蝠はヴィヴィッドなイタリアンカラーにまさしく首ったけ。同じく新調した黒の麻のワンピースに、さらりとかけるだけで、遊びを知り尽くした小粋なミラノ・マダムの気分!?もちろん、ラフなデニムスタイルにもアクティブになじんでくれて、マルチに活躍しそうです。
なんでもこのアクセサリー、女性の顔をワントーン明るくする効果もあり、「ミリィ・マジック」と呼ばれているとか。そかそか、なるほど着けるだけで気分が高揚するはずね。こういうバイタルなアクセサリーを、サクッと選んで使えるおばあちゃんになりたいわぁ。

カジュアルなワインとチーズをご指南くださる先生のお誘いで、青山にオープンしたアラン・デュカスのビストロ「ブノワ」に出かけた折りに、初着用。偶然にもラブリーな店内ともぴったりマッチ、薔薇色の夕景に包まれて、気分も最上階へ。おみやげにいただいた桃林堂の小鯛焼とも、あらあら、よくお似合いでしたのね。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »