« 若過ぎる死。-レーサーと建築家- | トップページ | 晴耕雨作。-創作家具職人- »

2007/10/19

芸術補給。-晩秋〜初冬編-

Kanou

奇跡の京都限定30日間
「特別展覧会 狩野永徳」
京都国立博物館
2007年10月16日(火)〜11月18日(日)

いきなりフラッシュでやられます。
「信長さま、秀吉さま、ご推奨!! 」
ですよ、ええ。死人に口無し、歴史が認証。
日本画の展覧会で京都に行くのは横山大観以来だわ。
その時は、さほど好きな画家でもなかったのに、
目の前の圧倒的な「本物の威力」にひれ伏しました。

今回新発見作と話題の「洛外名所遊楽図屏風」で、
晩秋の古都トリップしちゃうなんていいかもね。

奈良国立博物館の「第59回 正倉院展」も、
セットで修学旅行、いかがでしょ。
しかし、正倉院そのものが究極に美しい。
動画で詳細にご案内
(光じゃないとちょっと時間かかるけど)

続いて、舞台の魔術師。
フィリップ・ジャンティ・カンパニーの新作
『世界の涯て』
愛知厚生年金会館、希望席でチケット取れました。
久々にあの奇跡の幻想トリップへ。

おまけは、世界に誇るPOP浮世絵師。
蝙蝠がロンドンでいちばん好きな美術館、
ヴィクトリア&アルバート美術館所蔵の
「浮世絵名品展」も松坂屋美術館にて始まります。
POP感覚あふれるユニークなコレクションは、
さすがヴィヴィアン・W・ウッドがデザインした
アナベラ嬢のバンドBow Wow Wowの衣装や
ポール・スミスのシャツまで展示してしまうっちゅう、
V&Aならではのセンスが見どころでもあります。
(さらにおまけ。ポール・スミス公式サイト内にある、
ポール自らがLONDON情報を発信する
「Paul's Eye」も要チェック!)

多忙な時期ほど、眼と脳と心に芸術補給。

|

« 若過ぎる死。-レーサーと建築家- | トップページ | 晴耕雨作。-創作家具職人- »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

なんとタイムリーな。。。^_^;

11月に「正倉院展」に行く予定なので
今日、雑誌『和楽』買ってきて
(特集・2007正倉院展公式ガイド)予習中なのです。。
♪♪♪
又々、楽しませて頂きました。m(__)m

投稿: riko-neko | 2007/10/20 00:44

知り合って間もない、
まだ顔も観ぬ者同志が
同じ日、同じ場所で、
同じ宝物に魅入る偶然・・・。

のんびりとバスに揺られて、
こころうるうるな遠足でした。

もう20年以上前、
法隆寺の昭和の大修復をなさった
日本の宮大工の名棟梁・故西岡常一さんを
若くして訊ねた折り、
やはり修復を手がけられた興福寺にも
インタビュー後足を運んで
その男性的な雄々しさ荘厳さに圧倒。

その興福寺では。
国宝・重文ラッシュの特別公開展も観られましたね〜

正倉院展が結んでくれるご縁だなんて、
なんとも悠々たる感じがするじゃあないですか!

その数日後にお会いできて、
本当に嬉しかったのです。^^

翌日の京都旅はいかがでしたかー?

投稿: | 2007/11/25 03:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/16807599

この記事へのトラックバック一覧です: 芸術補給。-晩秋〜初冬編-:

« 若過ぎる死。-レーサーと建築家- | トップページ | 晴耕雨作。-創作家具職人- »