« 特殊メイクで絶世の美女に!? | トップページ | フランス生まれの「ケータイ映画」。 »

2007/11/25

長寿箸。-古希祝い-

07k5

父が70歳を迎えた。
本来は数え年の昨年が古希祝いにあたるのだけれど、
夏に脳梗塞で倒れたこともあり、
その後の奇跡的な復活ぶりに喜ぶあまり
能天気な家族全員、すっかり忘れていた(笑)

母の還暦に続き、蝙蝠の提案で今回も子どもの頃からお世話になっている近所の写真館へ。
蝙蝠家では、カメラ目線で鯱ょこばって撮る例の家族写真ではなく、なるべく自然なスナップスタイルでお願いしているが、これが実に難しい。
7人全員が「いい顔」してるってことはあり得ないーだけに、そこが面白い。誰か毎回ブーたれる(笑)。
でもそんなこたいいのだ。
主役がいちばん“嬉しそう”ってことがポイントです。

家族と言えど、個性いろいろ、だれかが引いてだれかを立てて、なんとか円〜く納まる。そーいうもんです。・・・か?
母の還暦記念写真から8年。弟は10キロ近く減量し、蝙蝠は10キロ以上増量。妹は変わらず超美人。ちぇっ。つきあいの悪い嫁だわ(←小姑発言)
そんな彼女の「ハイカラさんブログ」も、ぜひぜひご一読くださいませ♪

撮影済んで祝宴の乾杯後、孫達手描きの大正琴と似顔絵入りのTシャツをプレゼント。
蝙蝠が贈ったのは…京都にある創業明和元年(1764年)箸専門店の老舗「市原平兵衞商店」の桑の木箸。
このお店は、今やすっかり蝙蝠御用達のお店。お客さん用に竹箸、お正月用に赤杉の利休箸、自分用には黒檀漆塗りの超高級箸(!)をつこてますのんえ。

Hashi1

お店の方がおっしゃるには、古来桑の木の根・茎・皮は、“桑根白皮”という血行促進・血液浄化の漢方薬として用いられ、ゆえに不老長寿・延命の木として、桑の木の器や箸は縁起の良いものとされてきたのだとか。
へーえ、父の作る大正琴にも昔から人気の高い「桑琴」があったけど、それを毎日作り続けてるってことは、ひょっとしてどえりゃあ長生きできるんじゃないの?

父の復調が、お医者さんもたまげるほど早かったのは、倒れた翌々日から大正琴をつま弾いていたおかげもあったとか。指の運動は脳の刺激に良いらしいですもんね。 

皆さんも、「長寿祝い」におひとつ大正琴などいかがです?
なんちゃって。

お箸は毎日毎食使うもの。
健康を損ねるとまず、「箸が使えなくなる」。
普通にごはんが食べられない体調だったり、
自分の手で自由に扱えなくなったり。
お箸は、いのちに繋がる道具なのだ。

常にマイ箸携帯ってのも「エコ的」には大切でしょうが・・・
「エゴ的」には、まずはじぶんの家で使うお箸の大切さをちょこっと見つめなおしてみるのも、ええもんどっせ。

稀代の親不孝者・蝙蝠も、長年の罪ほろぼしに、父の長寿を祈願しつまっすぐ勢いよく天に伸びる青竹と秋の光を熱写。
太閤秀吉公とねね様のお寺・高台寺にて。

Take1

|

« 特殊メイクで絶世の美女に!? | トップページ | フランス生まれの「ケータイ映画」。 »

おいしい拾いもの」カテゴリの記事

コメント

お父様の古希祝い、おめでとうございます。

おお~桑の木にそんな意味があるなんて知りませんでした。。
私の母(今、エジプト旅行中・・)も70歳になります。今度プレゼントしよっかなぁ。。

桑琴作り・・なんて素敵な・・
今年の「正倉院展」にあった新羅琴を思い出してしまいました。。


そして
まっすぐな青竹・・秋の光・・
秋の陽の光は何か特別・・

私も頂きました・・・(-.-)

投稿: riko-neko | 2007/11/25 02:33

こんにちは。
素敵なご家族ですね!
お父様の古希おめでとうございます。
よくなられて、よかったですね。

父の入院の折に、たくさんの患者さんを
拝見していました。
皆さんが忘れているくらい回復!
驚異的ですね。

桑の木のお箸と大正琴、ますますお元気になっていただけることでしょうね。

素敵なお話ありがとうございました。

投稿: seiha | 2007/11/25 11:23

RIKO-NEKOさん  seiha さん
ありがとうございます。^^

昔は「70まで健在なのは稀」という意から
「古稀」と称されてきたようですが、
現代では「長寿への希望」をこめて
「古希」とする方がしっくり来る気がします。

私もお箸屋さんでこの桑箸を見つけ、
しつこく(笑)質問ぜめにして
その由来を知りました。

桑の大正琴も、初心者向けのタイプからあり、
比較的リーズナブルながらいい音と風合いを醸す、
ナルダンの長寿セラーなんですよう。

長寿の有り難さなんて、
若い頃には箸にも棒にもかけませんでした。
それでもやはり
ただ生きていてくれればいい、とは思いません。
「生き生き」≦「活き活き」であるように、
命を繋ぐ「箸」に縁起を担がせてもらいました。^^

ねね様と秀吉公、それぞれに対照的なお庭のある
の圓徳院にて目に留まった墨画の中の竹と、
高台寺に鬱蒼と茂る竹。
どちらも枯れることなく活き活きとしてるでしょう?

芸術って、栄華を誇るだけでなく
こんなしみじみとしたところにも
生命がみずみずしく宿っていて、
枯れかけた心を力づけてくれるみたいです。

投稿: iggyhoney | 2007/12/01 01:54

コメント漏れしちゃいましたが・・・
riko-nekoさんのお母様、
古希エイジにしてエジプトまで、
サクサク行っちゃうなんてカッコいい!

私も古希祝いには
スフィンクスに跨がって
記念写真取ってもらいたいです!?

投稿: iggyhoney | 2007/12/04 02:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/17176360

この記事へのトラックバック一覧です: 長寿箸。-古希祝い-:

« 特殊メイクで絶世の美女に!? | トップページ | フランス生まれの「ケータイ映画」。 »