« 長寿箸。-古希祝い- | トップページ | 横浜中華街に冬が来た! »

2007/12/18

フランス生まれの「ケータイ映画」。

Pk2_2

ケータイ電話にはなるほど、動画カメラがついている。しかしめったに使った試しがありません。撮ったとしても、メールで友人に「ホレホレ」と送るくらい。でも“ムービー機能”というくらいだから、なるほど「映画」を撮ってもいいわけですよね。さすが映画生誕の国おフランスらしい発想。
しかし「電話で映画を撮る」なんて、エジソンもリュミエール兄弟も吃驚!なんじゃあないかしら。

2005年に「フォーラム・ド・イマージュ-Forum des images-」(パリ市立映像フォーラム)が世界に先駆けてスタートした、『ポケットフィルム・フェスティバル』。今年6月にはポンピドゥー・センターで3回目が開かれ、日本でもフォーラム・ド・イマージュ×東京藝術大学が共催、ソフトバンクグループ/SHARPが協賛し、この12月7・8・9日に横浜で初の開催が決定。
で、「ココはひとつ!」と、急遽蝙蝠にレポート依頼が飛来してまいりました!

Pk6

その『第1回ポケットフィルム・フェスティバル』のエクスプレス報告と、実行委員長・藤幡正樹氏(東京藝術大学教授)へのインタビューが早速アップ。

またも前取材が押しに押して(毎度のことですが〜)、持ち時間十数分と宣告されたものの、藤幡先生は蝙蝠の高速ラップ(笑)にテンポよくノッてくれ、「カーット!」までニコニコごきげんトーク。タイムアップの瞬間、蝙蝠チームも全員ガッツポーズ!

Pk3

その後は夕方までシンポジウムを覗いたり、アヤシいPINK照明に彩られたギャラリーに、整然と並ぶAQUOSケータイで作品を観て廻ったり、巨大スクリーンでの上映も一通りチェック。
う〜ん、「ケータイ映画」としてはまだまだ発展途上の段階、というのが率直な感想。でも、今後新しいフィルム・カテゴリーとして進化していく可能性は十分に感じました。
個人的には、ケータイ覗き込んでちまちまとナニかを鑑賞するのは、スタイル的にゴメンナサイですが…。

Pk4

活躍中の各界クリエイター作品の中には、かつての“デス渋谷系”ノイズバンド「暴力温泉芸者」の中原昌也が撮ったモバイルディスプレイ作品もあったけど…猫ちゃんがひたすら映ってるだけで、作品と呼ぶにはあまりにも…??? 映画評論家でもある彼としては、自作をどう批評するのだろうか?

Pk5_2

いずれにしても、映画関係者の人達の意見や感想が聞きたいところです。

|

« 長寿箸。-古希祝い- | トップページ | 横浜中華街に冬が来た! »

オシゴトテシゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/17400218

この記事へのトラックバック一覧です: フランス生まれの「ケータイ映画」。:

» 東京温泉 [東京温泉]
東京温泉 [続きを読む]

受信: 2007/12/18 06:52

« 長寿箸。-古希祝い- | トップページ | 横浜中華街に冬が来た! »