« 春来香。 | トップページ | 母と、「おくりびと」。-古希祝い- »

2009/02/18

野菜フレンチ革命。

お野菜を食べるのが嬉しくなる季節の第2話。

人気TV番組『ソロモン流』2/15の特集は…
昨年秋突如閉店と思いきや、年末に復活を遂げた
青山のフレンチレストラン「ブノワ」だった!

史上最年少で3ツ星を獲得したフランス料理界の巨匠
アラン・デュカスがプロデュース。
前身のコンセプトは “ビストロ・シック・メディテラネアン”。
前シェフは地中海料理のアルチザンだったけれど、
今度の小島景シェフは、 お野菜フレンチの達人だ。

蝙蝠が初めて訪れたのは、2年近く前。
クラッシック&ラブリーなインテリアもそのまま…
まさに青山のレストラン!といった感じの
瀟酒で小粋な高級ビストロを夢見させてくれる趣き。
エントランス〜カフェ〜レストラン、お化粧室まで
小物も含めそのインテリアは女性必見!
大都会のビル最上階、
黄金色の光射し込むサンセットがなんとも贅沢で。

Aran

パウダールームでお姫様気分は、
蝙蝠にはちょいとばかり気恥ずかしい。。。


フランス人と同じようにフレンチを食すのは
舌や体にどこか合いにくいところも、ある。
農業国フランスは、味の濃いビオの野菜や茸の宝庫。
スイスのホテルで自炊していた時にも、そう感じた。
それはそれでワインやチーズ、お肉とよく合って旨い。
そんなヨーロッパの野菜たちに比べると、
日本のお野菜は繊細淡白かもしれないけれど、
「たおやかな」食感と風情が蝙蝠はやっぱり好き。
そんなお野菜を自在に扱ったフレンチは、
ふっくらした純米酒との相性もきっと好いでしょね。

さあて。写真は、神戸のホテルのステーキハウスで
No.1と言われるメリケンパークオリエンタルホテル
14階「オリエンタル」のランチにて。

Teppan1_2

丹念に丹念に鉄板でプレスされた山葵と桜の葉や
ほんのり桜の色香るソース。
これもやっぱり、日本の春の味なのね。

Teppan2

|

« 春来香。 | トップページ | 母と、「おくりびと」。-古希祝い- »

おいしい拾いもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/44098664

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜フレンチ革命。:

» クッション 作り方 [クッション 作り方]
クッションの作り方でパイピングに使うバイアステープの中にコードを入れた物が、有ります。手芸店のバイアステープのコーナーに有ります。クッションカバーを袋状に縫う時に、 [続きを読む]

受信: 2009/02/18 04:41

« 春来香。 | トップページ | 母と、「おくりびと」。-古希祝い- »