« 母と、「おくりびと」。-古希祝い- | トップページ | MOTO七回忌。 »

2009/03/10

春のお節句宴。-志ら玉-

Shiratama2

お雛祭りは、女子が贅沢に過ごす日。
オトナになっても、心弾む気持ちはおなじ。
違っているのは、
ひなたの匂いのする実家の片隅から
お茶室も備えた老舗料亭のお座敷へ。
甘酒とひなあられが、
高級シャンパーニュと山海の美味珍味に。

一杯目から早くもドンペリニョン開封。
しみじみと、
やっぱり本当に美味しい、幸福になる味。
あと16本は余裕で開けるつもりとは、
この不景気も吹っ飛ばす勢い。
あ、こりゃ豪気だね〜

Shiratama091

妙齢淑女?熟女?がずらりならんで、
ちん、とん、しゃん。
お軸は「志ら玉」さんのはからいで、
この時期お誕生日の友人のために。

Shiratama12

蝙蝠も生前インタビューでお世話になった、
人間国宝の陶芸家・故加藤卓男氏の筆によるもの。
よおく目を凝らしてごらんあそばせ。

今年は時期がすこし早かったか、
「七・七・七・五」からなる郷土民謡名古屋甚句
「名古屋名物」のお座敷芸は楽しめず残念。。。

ひたすら杯を重ね、笑いを重ねつつ…
ちらしに茶そばに、〆は麦とろ、
というのが志ら玉流お節句料理。
気がつけば姫さま達おなか満杯に。

Shiratama7

まあ、こんな急須みたいになったわけです、
自分自身が。。。
それにしても見事な打ち出しっぷり!

Shiratama9_2


Shiratamaousu

お薄をいただいてお開きにしたあとは、
恒例の雛壇鑑賞。
古いものは享保の頃のものだそうで、
さすがにお着物はいたんでいるけれど
その風格・迫力は圧巻!のひと言…ですが、
いまだに正面切って撮影できません。。。

Shiratama10

年に一度の豪奢な一夜。
これで皆また今年もかしましく生き延びる。
そう、未曾有の不況和音なんぞ
日本のオナゴが鶯の一声で転調いたす。
ホーホケキョ♪

御懐石 志ら玉
名古屋市北区上飯田西町2-36
電話 052-981-6868
営業時間 11:30~15:00 17:00~22:00
定休日 年中無休 ※要予約(前日迄)
※臨時休業有

Shiratama11

|

« 母と、「おくりびと」。-古希祝い- | トップページ | MOTO七回忌。 »

おいしい拾いもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/44298369

この記事へのトラックバック一覧です: 春のお節句宴。-志ら玉-:

« 母と、「おくりびと」。-古希祝い- | トップページ | MOTO七回忌。 »