« 春のお節句宴。-志ら玉- | トップページ | WHITE DAYのスイーツ交感。 »

2009/03/13

MOTO七回忌。

Murai09324

90年代名古屋アンダーグラウンド・ロックシーンを支えてきた重鎮バンドと言えば、PSYCHODEMZENZ〜SAD MILE(現THE SAD MILE) 。その主翼であり、蝙蝠にとっては唯一無二の心の家族だった村井基成(Vo)が、自動車事故によって急逝してから、6年が経った。

桃のお節句を迎える前日。

地元に身寄りがなく、遠方の親戚の方が多くの友人達のために名古屋・八事霊園にお墓を建ててくださった。
墓石には、名前ではなく、彼の生きる姿勢と作詞からテーマを得た「PEACE&RESISTANCE」の碑文が刻まれている。

仏教の年忌で言うところの、今年は七回忌。
彼の遺志を継ぎ、名古屋・今池HUCK FINNとの協力を得て毎年開催されてきたロックフェス「MOTO FEST!」の7回目の開催も決定した。
このフェスが決して“追悼企画”に終始するものでないことも含め、この場所も単なる墓標としてではなく、バンドを引き継いだヒロキ王子やその仲間たちをはじめ、多くの友人達が、だれともなく、いつともなく、でも忘れられることなく、絶えずお世話してくれてることをあらためて嬉しく思う。

Murai09321

お節句のお花とフルーツ、熟成梅酒に
お伊勢さんから、お節句の朔日餅も届いて
いつもより、華やかに。

今夜も、彼の黒のShottのライダースが
蝙蝠ラウンジのステレオの前で
ROCK'N ROLLのビートに揺れている。

Murai09322

|

« 春のお節句宴。-志ら玉- | トップページ | WHITE DAYのスイーツ交感。 »

心響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/44334486

この記事へのトラックバック一覧です: MOTO七回忌。:

» ベルスタッフの伝統素材、ワックスコットンについて [ベルスタッフでキメる]
ベルスタッフのワックスコットンは、純綿に油脂をコーティングする特殊加工によって、自然素材の持つ心地よい肌触り、着心地、風合いを活かしながら、悪天候下での高い防水性を付加したものです。海での作業において伝統的に用いられていた素材がベースとなっていて、1930年代に、船の帆や船乗りなどの防水服に使われていた生地の有用性が着目されるようになったことで、悪天候用のスポーツウェアにも使用されるようになりました。ベルスタッフは、... [続きを読む]

受信: 2009/03/17 21:45

« 春のお節句宴。-志ら玉- | トップページ | WHITE DAYのスイーツ交感。 »