« 追い桜、老い楽な恋。 | トップページ | 五月の旬酒。-薫る風- »

2009/04/29

縁のある風景。-ギャルリ百草-

Momo2

雨がしとしと、あたらしい緑を濡らす。

この土地に縁のある相棒と、
はじめて訪れることになった。
いつかいくだろう、と思っていた
あの風景の中へ。
幾重もの糸から織物へと結びついた
不思議な縁に、手繰り寄せられて。

「ギャルリ百草」での企画展とファッションショー
『糸・布・衣展 VI』
mon Sakata/A[Azy:r]/安藤明子
2009年4月25日(土)〜5月6日(水・祝)
会期中無休・11:00〜18:00

引き戸を開け、土間で靴を脱ぐ。
たくさんのとりどりの色や素材に
古の民家の匂い、空間ごとくるまれる。
その瞬間、
蝙蝠は懐かしい時空にびゅん、と連れて行かれた。

この日のショーのプロデュースを担当したのは、
蝙蝠旧知のサバイバル姉、A[Azy:r]マダム・トシ子。

Momo1

思えば彼女が最初に企てた手仕事イベントにはじまり、
ある時期蝙蝠は彼女の片腕としてずいぶん走り回った。
パシリからプランナー、デコレーター、コーディネーター、
舞台監督、スタッフ調整、搬入撤去に至るまで、
やったやった何でもやった。心も体もたくさん汗をかいた。

しばらくご無沙汰をしたりされたりしていたが、
この夜はマダムの新しい仲間たちが
蝙蝠の目の前を走り回っている様子を
雨に湿りながら眺めているのが心地よかった。

この夜のショーを即興演奏で彩った
バイオリニスト来島里奈嬢も、
映像担当の青木兼治くんも、
かつて名古屋港倉庫でのインプロヴィセーションイベント
「Lethe.Voice Festival」を一緒に動かして来た仲間。
そもそも青木青年とは、蝙蝠が舞台監督を依頼されたヘア&ドレスショーで知り合い、仲間に引きずり込んだのだった。

さらに、仕事でご一緒していたグラフィックデザイナー
藤本組組長夫妻もお手伝いで来ていて、ばったり。
実はマダムのお気に入りだったと知って、びっくり。

ああ、ここが磁場になったんだ。
そうか。その匂いだったんだ。くんくん。

Momo3

もう10年ほど前になるでしょか。
金工作家の長谷川竹次郎氏・まみさん夫妻が
「娘のためにこんなの創ってるよ」とくださった
一枚の葉書。

モノクローム写真のやわらかな光のなか
ちゃんとお匙2杯ぶんのお米も炊けるという
父・竹次郎の思いが溶かし込まれたままごと道具。
雨に風に晒され、撫でられ、
自然に朽ちたテーブルに
素朴ながら存在感のあるちいさなお道具たちが
まるで、まいにち、そこに在るように
しっくりとにこやかになじんでいて。
その脇に「ぎゃるり ももぐさ」と書かれていた。

ああ、此処におよばれしたいなあ。

そう、思ったの。その時。
その葉書の中の風景が忘れられなくなった。

年月経てつひに、およばれいただけたのですね。
この風景の片隅に。縁のある仲間たちとともに。

ちら、とお次の企画展予定を見やったら。
『6月6日(土)〜6月21日(日)それぞれの茶箱展 II』
竹次郎先生とまみさんのお名前が。
こんな本が出されていることも知りました。
『父の有り難う』
長谷川 竹次郎【著】 長谷川 まみ【文】 
小泉 佳春【写真】
主婦と生活社 (2007/12/17 出版)
ふたりのお子さんが20歳を迎えた時に贈った最後の作品が、お茶箱だったそうです。

呼ばれなくても、もういけます、いけます。まいります。

Momo4_2

これまでいろんなひとの思いや悩みを聞き、
だれかのために動き、はたらいてきて、
そのぜんぶが、じぶんのためになった。
目に青葉、歳月と一緒に育っていくものが愛おしい。

|

« 追い桜、老い楽な恋。 | トップページ | 五月の旬酒。-薫る風- »

オシゴトテシゴト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/44831586

この記事へのトラックバック一覧です: 縁のある風景。-ギャルリ百草-:

« 追い桜、老い楽な恋。 | トップページ | 五月の旬酒。-薫る風- »