« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/05/05

パーカッション&ブラスでダンス!ダンス!ダンス!

忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNSのトランぺッターとして、最後のステージまで一緒に頑張って来たNaveちゃんこと渡辺隆雄。長年清志郎の相棒を務めて来た宮ちゃんこと dsの宮川剛も、どんな思いでBOSSを見送っただろう。
そんな2人がブラジル音楽のルーツを東京グルーヴで大噴火!させまくっているpikaia pandeiro specialの5月ツアー、そろそろ始まります。

名古屋は2009/05/29(金)TOKUZOにて。
渡辺隆雄tp 中西文彦g 小澤敏也perc 古尾谷悠子perc
宮川剛percは今回オヤスミ。
紅一点perc 古尾谷悠子ちゃんが華を添えます。

co-actは、蝙蝠の地底シスターズでもダイナマイトなトランペットで色を添えてくれている、石渡岬嬢率いる「東海道スモッグブラス」。総勢7名のド迫力編成で、pikaiaパーカッション組とのセッションもお楽しみ。
一緒に行こうよ、ダンス!ダンス!ダンス!

pikaia pandeiro special@TOKUZO
18:00/19:00 ¥3,000/¥3,500
お問い合わせ:052-733-3709

蝙蝠デザインチームdraaawデザインの最新作
「pikaia pandeiro special/TOKYO VOLCANO」

(FDR-1010)
'08.10/1 Full Design Recordsより好評発売中!

GODは生き続けるよ、どこまでも。誰の中にも。

Pps_090529

| | コメント (3) | トラックバック (1)

清志郎GODに感謝。

忌野清志郎が、天に召された。
5月2日 享年58歳

Rc4

昨年2月日本武道館での「完全復活祭」に行き、
3時間ぶっ通しの元気なステージを観たのが
最後の姿だったから、正直まだ信じられない。

30年前となりのクラスから掃除の時間に中村達也が来て「おまえコレ知っとる?」と手渡されたのが、POPな赤スーツ姿の清志郎がジャケの『ステップ!/RCサクセション』のシングル盤。「ヘンな声、ヘンな歌」というのが第一印象だった。
が、それ以来、高校時代は名古屋でのコンサートすべて親友のKコと最前列を陣取り、ステージの清志郎から腰のスカーフも何本かもらったっけ。文化屋雑貨店のヒョウ柄スカーフがいちばんのお気に入りで、いつも通学カバンに結わえてたなあ。

シャイなチャボに恋をして、新井田コーちゃんのドラムにロックンロールの気持ちよさを叩き込まれた。「SAXがこんなにSEXYだなんて!」とティーンエイジャーの蝙蝠のココロを初めて熱く濡らしたのは、生活向上委員会=生向委のドクトル梅津(梅津和時)。
後に、蝙蝠が寺田町グループ時代からお世話してきたpikaia率いるトランぺッターNaveちゃんこと渡辺隆雄が、梅津さんと一緒に清志郎バンドの3管部隊「NEW BLUEDAY HORNS」の一員になるというミラクル&サプライズが!

2006年5月日比谷野音でのライブ「風のラプソディ〜Harmony with the Earth」では、楽屋の打ち上げにも呼んでもらい、なんと、素顔で愛車に寄り添う清志郎KINGと真向かいで見つめあってしまい、思わずドギマギ。。。
おだやかで優しい笑顔にあたたかく包まれたような気持ちになったその日から間もなくして、突然喉頭がん告知と入院の報を聞き、啞然となったよ。

Rc3

完全復活祭の後に、腰への転移が発表された時も自筆メッセージを発表し、「すぐに帰ってくるから…夢を忘れずに!」という言葉に、逆にこちらが元気づけられたんだ。

初めてのステップ!から30年間。
ロックを、ブルーズを、ソウルを、ありがとう。

カーラジオからスローバラード
夜露が窓をつつんで
悪い予感のかけらもないさ

ずっと眠る時まで流れているあの歌声。
みんなが彼を知ってる。
日本ロック史上最高にキュートな
生粋のロックンロールバンドマンのことを。

Step

ソウルシンガー ウィルソン・ピケットの
「エキサイティング」のジャケとそっくりさんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/05/02

五月の旬酒。-薫る風-

蝙蝠ブログおなじみの豊田の老舗酒蔵「菊石」より、
5月の限定酒が発売されました。
ラベルの文字はこれまた蝙蝠ブログリンクでおなじみ
書家・水野清波さんによるもの。
ネーミングの発端は…さて。はて。

初夏の「蓮の会」、お月見頃の「菊姫の会」…と名付けて
気のおけない仲間と気ままに集ってきた中で、
早春の「春待ちの宴」から、
まずは菊石&清波さんとのコラボで『春待ち酒』が誕生。
それに続く5月のお酒の命名は、「薫る風の宴」が由来に。
なごやか宴から自然に生まれた嬉しいご縁酒となりました。

Img_802152_26540036_0

「5月限定酒 菊石生詰本醸造 薫る風」
5月1日発売!
720ml  1050円     1800ml 2100円
○菊石酒くらくらだよりへ

ここ菊石のお酒は、飲むごとにふっくらおいしい。
季節のお料理とよく合い、食中酒として心地よく楽しめます。
「平成19酒造年度 全国新酒鑑評会」では「金賞」、
愛知県酒造組合主催「平成21年清酒きき酒研究会」にて
4部門で入賞し、純米吟醸の部では「愛知県知事賞」を受賞。
年2回デパ地下を巡回する「あいちの地酒フェア」でも、
毎回ぐんぐん人気上昇!
蝙蝠宅の貯蔵庫には常に切らさず入っております。ハイ。

そよ風心地よい5月の休日
お昼間から蝙蝠縁の旬酒で酩酊なんぞいかがです?

Kiku091

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »