« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/03

燗酒礼讃 -菊花の宴-

10月になりました。
今年は冷夏から続く一足早い秋の訪れで、
人肌も?燗酒も?ひときわ恋しく感じます。

10月1 日は「日本酒の日」。
名古屋栄・松坂屋本店地階では、
「利き酒酒師が選んだ愛知の地酒フェア」開催中。
9月30日(水)〜10月6日(火)

蝙蝠贔屓の豊田の地酒「菊石」も、すっかりおなじみに。
今回は、9月9日の重陽の節句にリリースされた季節限定酒
『菊花の宴』のラベルデザイン
蝙蝠所属デザインチームdraaawより篠原富夫とともに監修。
清冽な書道家・水野清波さんの書がより凛と際立つよう
名月の醸す陰影に菊花を仄めかした上品なデザインに。
男前な色香の如くさりげな〜い華を添えたつもりですが、
はてさて、いかがなものかしら?
ぜひぜひ、試飲に立ち寄ってみてくださいな。

香りも味わいもふっくら、キレ心地よく飲み疲れしない
菊石の純米酒は、燗酒にぴったり。
秋の味覚との相性も楽しめる食中酒向けなので、
おうちごはん派の食通さんにおすすめです。

菊で長寿を祈る重陽の節句は「菊酒の日」とも言われ、
この9月9日からが燗酒の始まり。
3月3日の桃の節句まで、熱からず冷たからず、
米と水から生まれる酒の豊饒を存分に楽しむのが、
平安時代からの本来の酒の味わい方だったようです。

さて、と。日付変わって…
今晩は、仲秋の名月。
夜8時頃の低い空から上に上る月は恋力を高めてくれ、
10時頃の高い月は
愛の絶頂、幸せの全盛をキープする力があるとか。

人肌のぬくもりを燗酒にあやかって

月明かりのもと
「菊花の宴」とまいりましょうか。

Kikka1_2

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »