« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/19

悪い女や虱のような女。

平成生まれの成人はたちに、出流か否か。

浅川マキが、名古屋で亡くなった。
ラブリーでの三日間公演の最終日、ライブ前に。

おやすみなさい。
たくさん、あります。私の中に。

高田渡も公演先で亡くなった。
渡さんの「夜の灯」の股ぐらを持つ女は、
マキさんの「貧乏な暮らし」をしていた女だったろうか。

黙祷。

Sora1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きれいなごはん。-名古屋栄・粥茶寮 kassai-

目で、心で、体で
愛でるごはんは
きれいなごはん

Ringo1

主食間食、もともと何でもよく食べる蝙蝠だけど
泳ぐようになってからの方が
ちゃんとした「ごはん」を
ちゃんとちゃんと食べるようになった。
何も食べていないと泳いでもすぐ疲れるし、
食べ過ぎてはこれまた体が重くて泳げない。
泳ぐ前後のごはんの内容と食べるタイミングは
とっても重要だということがわかってきた。

泳いだあとは、おなかペコペコ。
この「ペコペコ」という感覚がとっても新鮮。
考えてみれば普段は
「おなか減った〜」というより
「何か食べた〜い」という感覚で
日々ものを食べているのがほとんどではないか。
こころとからだが、バラバラのまま
無作為にただ食べ続けているだけのではないか。

1時間泳いで、30分入浴して
ほくほくとエネルギー代謝も活発になった後。
木枯らしのこの時期、こころもからだも熱々のまま
冷すことなく、お家までもって帰れる
気持ちのいいごはんはどこかにないか。

お粥・雑炊・雑穀好きな蝙蝠にまたとない
お気に入りの隠れ家を最近見つけたのです!

栄ガスビルの地階にある「粥茶寮 kassai」

2

根菜や小豆、南瓜、鮭、ねばねば系などなど、
たっぷりボウル入りコラーゲン付22種類のお粥と
イベリコ豚や地鶏、金目鯛、海鮮などの蒸籠料理。
和スイーツやヘルシー系ドリンクも充実。
お粥は野菜ベースと雑穀から選べ、ハーフは割引。
調味料やトッピングも数種類から選べ、
毎度好きに飽きずに楽しめるのがいい。
初回からスタンプカード割引有り、ファミレスより
断然コスパとヘルシー度の高いランチができる。

いわゆる「ほどよいトレンド&サービス感」で
「ありそうでなかった」新たなランチスポット。
ネットで調べるまでそれが、
ココ壱系列とは気づかなかった。
なるほど“選びやすい選べるメニュー構成”に
あらためて納得。
選びにくい選べるメニューが、ほんと多いからね。

「ひとりで、きれいなごはん。」
蒸籠から、たっぷりサイズのボウルから
しっとり〜と湯気が立ち上り、
食後にはうっすら汗さえにじみます。

今日も元気満々、ごちそうさま。

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きれいなごはん。-芦屋・ゆるり-

Ashi1

目で、心で、体で
愛でるごはんは
きれいなごはん

愛と書いて「めでる」と読みます
読めないひとが増えているとか
料理もよく一期一会と言われるけれど
「愛でるで愛」なあんて回文キャッチ浮かんだとて
だれも読めないんじゃあボツです、ボツ
仮に読めたとて、ボツです、駄コピー禁止


ゆるゆるゆるりと、冬の始まりの昼下がり
おだやかで愛しいひとと
おだやかに満福した時間
「ふたりで、きれいなごはん。」

Ashi3

兵庫県芦屋市「芦屋・ゆるり」にて
約40種類もの野菜を使ったお昼の「やわらぎ膳」
焚き菜、野菜の豆腐、ゆるり風造り、創作茶碗蒸し、
天ぷら、おかず五種、ゆるり椀、ご飯、お漬物、
でざーと、ゆるり茶
ごはんのひとつは名物穴子ご飯にして、はんぶんこ
コレがふんわりつややかで、絶品!

旬はそのものの味を立て、舌にすわり
あたたかいものはほっとあたたかく
つめたいものはほどほどひんやり
手と手を合わせて、合掌ごはん

Ashi2


一見女性ごのみのようで
大人の男性のからだにも、しっかりとここち好いらしい

うきうきと膝をつきあわせ
ほっこりと膝をまじえ
ゆるゆると膝をならべるうち
そろそろとわかってくるもの
長々と黙々と延々と
お茶をすすっていける間柄か

それはそれは、ごちそうさまでした

Ashi4

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/01/17

新春運だめし。

蝙蝠人生、運だのみ・運まかせにして
とんといい目に遭ったことがない。
努力した結果しか、ついてこない。

それでも毎年ついひいてしまうのが、おみくじ。
年齢と同じ番号でひいた蝙蝠は、無難に中吉。
今年は家族全員大吉から末吉まで、
吉という吉をきっちり全種引き当てた。
なかなか思うようには叶わぬ願いも、
みんなで力をあわせれば好転すると信じたい。

Wine0101

明けてはや2日から初売りでにぎわう百貨店。
蝙蝠はひとり別フロアに向かい、泳ぎ初め。
帰りに松坂屋本店のワイン売り場をのぞいてみると…

新聞にくるまれたワインが十数本。
1本税込み2,000円で何が当たるかお楽しみ!
「ワインを選んで運だめし」だそうだ。
超吉!は「シャトー・ムートン2004」。
うわぁ、こりゃたしかにお宝ヴィンテージだあ。
チャールズ皇太子がラベルデザインしてるやつ。

はずれっぴき蝙蝠にこんなん当たるわきゃないけど、
おみくじにならって、中吉クラスは狙いたいとこだ。
シャトー・ピション・ラランド1997(ボルドー)か、
蝙蝠としてはシャトーヌフ・デュ・パプの「pure」

松の内はしばし運を寝かせて待ち、
鏡開きにちなんで11日にいざ、オープン!

Wine0102

結果はハズレなしの運だめしで、
+1,000円程度ののささやかな吉福に留まりました。。。

まだ新しく日本ではマイナーなAOCコート・デュ・クショワ。
ビオディナミの新星ワイナリー『シャン・ド・ラベイィ』
ブルゴーニュ ルージュ 2006

おかげで気楽に飲めそうです。
お気楽美味お料理、用意してくだされば、
今年の福招きワイン、お持ちします。

Wine0103

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/02

家族とお正月。

Gantan101_2

母の育てたさつまいもの葉っぱ。
元気な緑がのびて、猫と福招き。

一家そろっての年越し、たぶん蝙蝠は四半世紀ぶり?
子どもたちは雪の中、2時半起きで元旦朝刊配達へ。
兄妹雪だるまが町内を駆け回り、
2010年最初のニュースをお届けしました。

新年はいもうとの作品「三段重ねおせちとお祝い膳」。
お正月用に秋から温存しておいた菊石のお酒
おとうとと升酒乾杯。

わが家のもとに、福来たれ、春来たれ。
みんなのもとに、幸来たれ。

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Gantan101

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »