« ニクシツカイゼン12ヶ月。-その1- | トップページ | 女ともだちとおひな祭り。 »

2010/03/01

ニクシツカイゼン12ヶ月。-その2-

Uma1


残念です。

ほんとうに、いよいよ、ついに、とうとう
鉄馬〜生馬への移行を断念した蝙蝠。
理由は重度の馬アレルギー。
どうにも諦めきれず、何年も悪あがきして、
お金も湯水のように無駄に注ぎ続けた。
蝙蝠がこんなに執着したことってたぶん無いけど、
遂に思い切って先月乗馬クラブを退会。
哀しみ癒えぬ悲痛な1ヶ月だったのです。。。

それでもその決心をつけさせてくれたのが、水泳習慣。

小学校時代のプール指導止まりながら
昔から「フォームがキレ〜!」と煽てられてきたこともあり、
なんとかいけるでしょ!とタカをくくっていたとこもあった。

が!颯爽とクロールで挑んでみて、現実にガクゼン。
たった20mのプールを折り返すだけで
ぜえぜえハアハア、頭はくらくら、脚はヨレヨレ。
とても30分以上の有酸素運動なんて無理無理!

ウォーキングや平泳ぎも混ぜながら、
ぜいこら、休み休み、なんとか、40分。
500m程度をこなすのが精一杯とわかった。

「こりゃまず自分のレギュレーション設定しなきゃ!」

バイクで言うなら排気量とストロークを再検討。
250ccのつもりから125ccへ、
いずれ2ストから4ストへの移行を目標に
まずは耐久時間を少しでものばしていこう、と。
3ヶ月続ければ、何かがきっと、変わってくる。
昔から何か新しいことに挑む時は
3回、3ヶ月、3年単位が蝙蝠スタンダードなのだ。

実際、3回目で調子の違いが肌で感じられた。
週数回と言っても
3ヶ月もすれば手足の動かし方や呼吸のバランス、
そして水に対する自分の向かい方、受け入れ方など
分子レベルでのなじみ様がわかりはじめた。

こうなったらもう、
蝙蝠座右の銘「水心、魚心」。

日々、感じ、考え、受け入れ、受け入れられ、調和する中で
最もシンプルな「レス・ザン・ゼロ」の状態にあわせていく。


Okinawa111

とにかく、自然体であること。
言葉通りにはいかぬその難しさを知ることで、
逆にその心地よさと大切さが「身体に入る」。

水の中ではどんな悩みや苦しみからも解放され、
謙虚で無駄や無理の無い自分にセットしてくれる。
この世の尊大さすべてが、不要無用の長物になる。

シンプルなぶん、泳ぐたびに課題が見えてくるので
手を替え品を替え、メニューを変え、
臨機応変自由自在にプログラムを組めるのがいい。
そうそう、蝙蝠の毎日の料理とおんなじかんじ。
気分次第でアレンジだらけ、定石なしでオッケー。
何よりも気に入ったのは、おひとりさまで黙々と
とことん気ままに幅広に楽しめるスポーツなのだった。

ただしこの自由度はおそらく、
子ども時代に真剣にスポーツに取り組んできた経験が
多少なりともあったが故の恩恵かとも思えた。
知っているわけです、刻み込まれているわけです、
自分の身体をどう使えば進化していくかということを。
三つ子の魂百までと、この歳でも思い出させてくれる。


水泳は頭を使うことでより楽しく、進化が楽しめる
脳内イメージと、身体機能と、感じる心と。
この三位一体の楽しさは、海よりきっと深い。
水の中は根本的にクリエイティブであり、
際限なくクリエイティビティを拡大する。


そして、進化するほど美しい。
美しいほど、上級でもある。
そこが、そう、乗馬とおなじだったのです。

蝙蝠、鉄馬から生馬を経て、水の中へ。
もっともっと深化へ。


先週、映画『アバター』と『オーシャンズ』を観た。
そのせいか、普段よりうんとしなやかに自然に
鳥のように魚のように巧く泳げたから、不思議!

最近ではわずか数分で、
水の中の生き物に近い呼吸になれるのです。

Okinawa113

|

« ニクシツカイゼン12ヶ月。-その1- | トップページ | 女ともだちとおひな祭り。 »

BODY DESIGN」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/47698193

この記事へのトラックバック一覧です: ニクシツカイゼン12ヶ月。-その2-:

« ニクシツカイゼン12ヶ月。-その1- | トップページ | 女ともだちとおひな祭り。 »