« ニクシツカイゼン12ヶ月。-その2- | トップページ | 早春花模様。 »

2010/03/03

女ともだちとおひな祭り。

Hina102


男ともだちの命日を見送ったら、
うれしいサプライズが届いて
ひな祭りの日がやってきた!

心配してくれてるだろうなということは
多くの言葉が無くても伝わってきていた。

書道家の清波さんからは、
蝙蝠がたまたま彼女のブログで見て
「かわい♪」と気に入っていたお節句の屏風。
わあ!びっくり。これぞ以心伝心か、
わが家のポストにも来てくださった。

そして長年不良生活者の蝙蝠の身体のことを
いつも気にかけてくれる友人からは
秋田の蔵元" 白瀑(しらたき)"
トロトロこくうま前代未聞の秘蔵酒粕と、
蝙蝠かねてより垂涎だった
「イトイ式しょうがシロップ」ひと瓶が!
人並み以上に忙しいはずの彼女が
せっせせっせとていねいに仕込んでくれた黄金露は、
風味絶佳、飲んでしまうのが惜しいほどの甘露かな。
凍えをぜーんぶ包み込んで、まあるく温めてくれる。

何を相談してるんでもないけど、
贈ったり贈られたり、どちらともなく気持ちを渡す。

人生なんて日々なんて、色々あって然りだから
「and you?」の無い心も関係も蝙蝠は嫌なのだ。

ゴム跳びの紐みたいに、
長く繋がっていればいるほど、時々切れる。
切れたらまたつなげて跳んで、日々連れる。

オンナトモダチは花いちもんめ。
ほしい、いらんと言いながら手をつないでまた明日。
甘いも苦いもあるのがほんとの仲よしの証拠かもね。


Hina101

|

« ニクシツカイゼン12ヶ月。-その2- | トップページ | 早春花模様。 »

心響」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/47710175

この記事へのトラックバック一覧です: 女ともだちとおひな祭り。:

« ニクシツカイゼン12ヶ月。-その2- | トップページ | 早春花模様。 »