« だいたいエネルギーって、 | トップページ | 源CALLING!始動。-Tシャツ支援プロジェクト-  »

2011/04/05

哲学者内山節氏よりの呼びかけ。

愛知県足助町で昨年開催された「山里テツガク塾」にて

講師を務めてくださった哲学者の内山節先生より
足助町で山里暮らしをするカヌーイスト吉田大さんを通じて、
今朝早くに、こんな呼びかけをいただきました。

旧知の友人で現在東北被災地にてボランティア活動に参加している
「四万十塾」塾長のとーる氏とのつながりもあり、
昨年、吉田大さんより
上記講座の参加と編纂依頼をいただいたご縁です。

日本人が本来自然とどう生きてきたか、
近代化の中で都市社会が何を失い続けてきたか。
都市・農山村・自然がともに関係し合って生きていく未来とは
など
テツガク塾で内山氏にお話し戴いた内容の様々が、
今回の震災以来、より一層強く私の胸に響いてなりません。

とはいえ、内山氏の思想に私自身が強く傾倒しているとか
そうしたところにまで至っているわけではありません。
自分自身の縁に感謝し、今回のこの呼びかけに賛同するものです。

”亡くなられた方々を十分に追悼することなく、
未来を語ることに私はためらいを感じます。
ここからはじめませんか。”

私はこの内山先生のご提言に共感、同意します。
私も今一度心して追悼の意を御霊に捧げ、
今後の在り方行き方生き方と向き合いたいと思います。

共感される方は、
下記をご自身のご判断の上転載、転送協力願います。
※ただし、
これは「だれもがどこからでもどんな方法でも参加できる心の追悼式」であり、 それぞれの気持ちをひとつに御霊に捧げる提言ですので デマ、チェーンメール等に該当、あるいは懸念されるものではありません。

****************************

東日本大震災で亡くなった人々を、みんなで供養しよう
—亡くなられた方々の冥福を祈る日を
みんなでつくりだすことを呼びかけますー

最初の呼びかけ人・内山 節

日時  2011年(平成23年)4月24日日曜日
 
この日にそれぞれの場所、それぞれの方法で
亡くなられた方々への冥福を祈りましょう。
また12時正午にはみんなで祈りを捧げたいと思います。

方法  ご自身の信仰をおもちの方はその方法で、
また他の方々はそれぞれが思いついた方法で。
被災地の方角を向いて手を合わせる、
仏壇などをおもちの方はお線香を上げる、
近くのお寺、神社、教会などに集まり祈りを捧げる、
ご自宅に思い思いのデザインの半旗を掲げる、
追悼の集まり、コンサートなどを開く、
・・・・方法は自分がよいと思う方法で、自分のできる方法で。

国葬のような儀式にするのではなく、
全国津々浦々でみんなが送る日にしたいと思います

東日本大震災は私たちのなかに驚き、恐怖、悲しみとともに、
自分自身もまた「支え合う社会の一員でいたい」という
強い意志をも生みだしました。
皆様もそれぞれの場所、それぞれの方法で、 直接、間接的な
被災者への支援の活動をおこなわれていることと思います。

私たちの役割はこれからも持続的な支援活動を続けながら、
被災地の復旧、復興に協力していくともに、
この直接、間接的な活動をとおして
社会とは何か、社会はどうあるべきか、
暮らしや労働をどう変えていったらよいのかなどを捉え直し、
日本の社会を再生させていくことだろうと思います。

その意志を示し、未来への歩みをすすめるために、
みんなで東日本大震災で亡くなった方々を供養する日を
設定することを 呼びかけます。

古来から日本の社会には、
災害や「戦」などの後に亡くなられたすべての方々の冥福を祈り、
死者供養をする伝統がありました。
「戦」の後には敵味方を区別せず供養しました。
またそのときには人間だけではなく、 巻き込まれて命を落とした
すべての生き物たちの冥福を祈りました。
さらに災害の後には、大地が鎮まることをもみんなで祈りました。
そうすることによって、
悲劇に巻き込まれていった生命への思いを共有し、
ひとつの区切りをつけ、
次の歩みに向かう入り口をつくりだしてきました。

この度の大災害で亡くなられた方々に対しては
すでにご遺族の方々などの手によって、
精一杯の供養がおこなわれたことだろうと思います。
しかしその一方でご家族が全員亡くなられるなどして、
誰にも送ってもらうことができないでいる人たちも
おられると思います。
そのような方々に対してはもちろんのこと、
すでにご遺族の方々なとによって供養された人たちに対しても、
みんなで追悼、供養してあげようではありませんか。
そうすることによって、
これからの私たちの決意をも示したいと思います。

この案内を受けられた方は、ご友人、お知り合いなどに転送し、
この呼びかけを伝えてはいただけないでしょうか。
またホームページ、さまざまなSNSなどでも呼びかけ合うとともに、
供養の方法を提案していただければ幸いです。
お寺、神社、教会などにも呼びかけ、
私たちはこの災害とともに
これから生きていくことを確認したいと思っています。


亡くなられた方々を十分に追悼することなく、
未来を語ることに私はためらいを感じます。
ここからはじめませんか。

**************************

哲学者・内山節オフィシャルサイト

|

« だいたいエネルギーって、 | トップページ | 源CALLING!始動。-Tシャツ支援プロジェクト-  »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140864/51307593

この記事へのトラックバック一覧です: 哲学者内山節氏よりの呼びかけ。:

« だいたいエネルギーって、 | トップページ | 源CALLING!始動。-Tシャツ支援プロジェクト-  »