心響

2013/08/18

南相馬の夏、風立ちぬ。

ただ、ただ、

なにもない、ほんとにほんとに、なんにもない

だれもいない、ほんとにほんとに、だれもいない

ただただ、

うちよせる白波と、あるけば足跡のみを残す白砂と

そしてすべて失われた跡に、葉を伸ばしひろがる叢

それだけが、動き、ひたすら生きているものとして

ただただ、

潮風と陽射しに乾ききったわたしの目玉に映るのみ

 

ただただ、わたしひとりが、そこに立ち、

ただただ、ひろがる夏空の下

ただただ、掌を合わせるのみ

こころは「空」でありました。

 

色即是空 空即是色 受想行識

 

黒い爪痕は忘れ去られ

眼に見えないものを

呼吸しつづける現実

ただただそれだけが

わたしの胸に刻まれた

 

なんにもない でも そこにある

 

南相馬の海辺にて 2013.8.16



1_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/31

あらゆる源にこころを寄せて

新しい秩序が生まれる

新しい時代をはじめる

 

今年も今日でおしまい。

でも、今年は区切りなく明日を迎えます。

お正月好きのわが家だけれど、

5月6月と立て続けに母も祖母も他界して、

ぐっと家族がこぢんまりとしちゃったので、

服喪中だからということでなく、

次の新しい家族のありかたをめざして、

今夜はさなぎのように

おだんごになって過ごします。

 

振り返り、ではなく

次の一歩への軸足を見つめるつもりで

つらつらと思うままに

 

3年前に母がスキルス胃がん余命数ヶ月を宣告されて以来、

「食べること」の「本質」について向き合い、

母とともに学び始めた。

マクロビオテックやフィトケミカルといった

カテゴリーでのとらえ方でなく、

自然と人間との根源的な関係を見つめることで、

私たちが心から、体ごと「おいしい」と感じられ、

活きる力になる食とは何か。

健気に台所に立ち続けた母が、多くの学びを与えてくれた。

昨日はその台所に私が立ち、

私たち家族を支え続けてくれた感謝を込めて

すみずみまでピカピカに磨きをかけ、

父に祖母伝えの料理をつくった。


伝え継ぐことの大切さ

語り合うことの尊さ


昨年の大震災にも、多くの思うところ、学ぶところがあり。

はて、今まで生きてきた私に、

これから先何ができるかを考えた。

それはいずれ自分にできることで…という

生ぬるいスタンスなんかじゃ駄目で、

「いまから」すぐにできること、

しかも長期的に続けられることでなくてはと思った。


まずは、自分の生きてきた・生きている場所

=LIVEの現場から、呼びかけること。

集うこと、語り合うこと、感じあうこと、伝えあうこと、

動けることから。

そうして、MINAMOTO 源 CALLING!の活動は始まった。


「忘れないで、呼びかけ続ける」

これだけのことを

「わたし、できる・したい=I volunteer!」という人が

「Do it your self」し、

それに響感した人がHelp & shareしていくだけ。

シンプルな活動は、

主義主張を超えてシェアすることができ、

自然な形で支えあうことに繋がると思った。

実際に、いろんな形でいろんな活動が

いろんな人の間でRolling stoneしている。


被災地と私たちの間に、本来ボーダーなど無いのだ。

津波が明暗を分けた境界線だって、

人の心にまで線引きをしたわけじゃないはず。

「自分のこととして考える」

「声を話を聞く」

「自分の心で感じる」

ひとりひとりの想像力がなければ、

人と人との間は繋がっていかない。永遠に。

人は、人間になって初めて、

立って生きられるのだということ。


すべての繋がりの縫い目をなくす

あらゆる人々の心を大きく包み込む

基本リネンはシームレス


そんな思いや活動が、私の日々を支えていく中で

私のこれからは、「子ども達に何を伝え継げるか」

そのことに時間を使いたいと思った。

私自身には子どもはいないけれど。

近所の子ども達みんなおだんごになって育った

下町育ちの私は、二十歳で家を出てから

若い頃もだれかかれかがうちにいて、

どピンクの髪を束ねて

わっせせっせとごはんをつくってきたから。

だれが子どもだって大人だっていいじゃん、

みんな地球の子さなあんて、

アースの人達みたいなことを言いながら、

好い加減にオトナコドモが集える機会を

生みだす力になりたい。


とても残念なことに。

これからの時代に「食べて生きていく」ということは

いろんな「害」と向きあっていかなくてはいけなくなった。

添加物、残留農薬、遺伝子組み換え、そして放射性物質…。

なにも、オルタナ近未来パンク映画の話じゃあないのよね。

だからといって、

それを憂いて嘆いてばかりいては話も続かない。

第一、「免疫力」が落ちてしまうではないか。

だからこそ、私ははりきって「食べること」と向きあい、

楽しく学んで、それをいろんな枝葉として伝えていけるようになれたら、と思った。

自然、食材、調理、道具、器、人の手を通じて

人の口へ、ココロへ生き活きとした未来へ続く、活力に。

 

「躾」が身を美しくするように 美食は「養」であるよう

それが、これからの食という文化の肝になっていくように思う。


そのつたえ手・つなぎ手になれたら、

私という稲のひとつぶは芽を出せたことになる。


今年の終わりに あらためての蝙蝠ブログの再開に

今年始まった、出会った、

すべてのヒトモノコトに感謝します。



Blog_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/05

だいたいエネルギーって、

La20111_2


4 月1日のmixi日記より。

世界全国各地のお母さんの怒りや地団駄から、
原子力に代わる高効率のエネルギー発生効果が認められました。

ってね!いや、怒りより
ほんとは高エネルギーの愛情温度で
健やかなくらしや子供達の一日一日を守りたいよね。

4月1日、一日一偽善はもうなしよ。


「だいたいエネルギーってね、、」
そもそもこれまで無関心だった素人が数週間で 代替エネルギー問題について熟知して正否を語れるわけがない。
CO2問題のからくりだの未開発の海底資源だの、 皆好き好きにいろんな説に傾倒すれど、
どれが正解!って クイズみたいにオチをすぐにつけてくれるわけじゃないから
仮定空論で議論も収拾がつかなくなる。

ともかく専門家を結集して、早急にとことん議論し合って、
今の日本にとって、そして同じ空で繋がっている世界にとって これからの地球にとって最善の策を見出してほしいと切に切に願う。
そのために必要ならもっと働いて税金だって投入するよ。

だからといって、
私たちはもう無関心、無知でいるわけにはいかないよね。
ひとりひとりが原発を許してしまった国の国民としての責任と
今後への決断と対処義務を背負っているのだから。

この機会に詰め込みでも付け焼き刃でも何でもいいから、 かたっぱしからより多くの見識を知り比べてみる努力は必要だと思う。
「餅屋は餅屋」を信頼できるよう、
私たち自身はひとつぶひとつぶ米を育てていかねば。

しかしこれは実際、相当気力体力時間を消耗するものなんよね。
それぞれのメリット、デメリット、玉石混淆という
途方もない海に舟を漕ぐようなもの。
それこそサルノコシカケがいいとか、これで命が助かった!とか
なんとか健康法みたいな雨後のタケノコ情報と格闘することになる。

そうそう、何かに似てるなあと思って、気がついたの。
母が余命○○で特殊な進行がんと診断された一年前。
現実に起きてしまった事へのショックと動揺、落胆、不安と闘い、
それでも連日連夜へとへとになりながら知ろうとあがいたのは、
専門家である医者たちの説明や診断を、
ただ鵜呑みするわけにはいかなかったから。

はなから疑ってかかるとか、信用していないという意味ではなく、
自分や家族にも係わる重要なことを
できる限り正確に把握し理解し、納得できないことには 専門家が説明する状況や意味や意図を「判断」し、 どの治療法を選ぶかの「決断」をすることができない。
今回の原発事故に関わる問題然り、 どんな大儀なことであっても、
決断はいつだって、最終的には自分自身に突きつけられ、求められる。

そんな中、身近な友人達が 「意識改革」という言葉を口にするようになったことで、 暗闇にばかり開かれていた道に、小さな光の穴が空いた様な気がしてる。
こころづよいってこういうこと。
おなじ心の温度が感じられるってこと。

当分のあいだは火力に発電力を頑張ってもらって、
専門家達に日本の未来に適した代替エネルギーを討議選定してもらって。 おまかせすることはおまかせするとしても、
私たちはきちんと「判断」する目と心を養って。
いますぐ、これからも、ずっとずっと
原発に対しては
「STOP&NO!」と言い続けられる自信を身につけたい。

そして、
私たちは皆ここまでできるよ、変わっていけるよ、
変えていこうよ、と高らかに名乗りをあげたい。


死んだじいちゃんが私の胸に残していった言葉
「なんでも自分で勘考せいよ」

私たちは「勘考できる日本人」であることを、
強く思い出したい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休最終日。-春のお彼岸-

Img_2305


ストレス極限 避難所で喧嘩も
2011年3月21日毎日jpより

早朝から風雨の中家族でお墓参りに行ってきた。
こどもたちも濡れながら黙々と
芽吹いてきた雑草を抜く。
母が用意してくれたおしぼりをまわして、
爪の泥をきれいにぬぐい、手をあわせる。
みんな、いつもとは違うことを祈った。たぶん。

実家に戻り、
今朝は抗がん剤治療の副作用がきつく
同行できなかった母に声がけ。
経絡をゆるりゆるり撫でてやり、
手足にひたひた保湿剤を塗り込む。
掃除がままならないトイレも、古タオルで
頬ずりができるくらいピカピカに磨く。

お次は97歳になる祖母の元へ。
昼食を付き添い、髪をとかして帰る。
今日は毎週お楽しみのかわり湯入浴。
いいね。うれしそう。

なんてことのない日々の世話でも、
それができて、気持ちよくなってもらえて
笑顔で「またね」と別れられる。

そんな毎日を、はやく、
いちにちも、はやくはやく
みんなの力を集めて取り戻してあげたい。

今日いちばん届けたいと思ったもの。

温かい真っ白なタオルの心地よさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/31

育ててくれたひと。

Kl1

まだもう一息仕事をしなくてはいけないのだけど。
あまりに時が早く動きすぎて
大切なことや大切な人とのことが
びゅんびゅん後ろに遠のいていくのに寂しくなった。

お盆は仕事しながら思いがけず体調を崩したけれど、
明けて少し遅めのバカンスへ。
そのほんの数日間に
埼玉の所沢に住む父方の叔父が亡くなった。

都内で長く企業新聞の編集記者として務めあげ、
その後はオフィス家具専門誌の編集長、監修など
リタイアまで都内の出版業界で活躍した。
その傍ら、小説家として別名で何作かの小説も書き続け、
奄美出身の祖母の生涯を描いた作品も自費出版だったが上梓した。
長きにわたり、作家の故・藤沢周平氏と親交もあったと聞く。
リタイア後は所沢市の童謡「ぼくらのまち」もリリース。

愛とロマンと開拓心に溢れた、
信心深き純潔文学おじさんだった。

私は子供の頃から読書と絵を描くのが大好きで
この「東京のおじさん」が誕生日に選んでくれる本や原稿用紙のおかげで、
いくつも賞をもらったりした。
フーテンPUNKながら私が今の仕事に「かじり就く」に至ったのは、
この叔父あらばこそ。
取材で上京したり法事で会う度、親よりも喜んで応援してくれた。

70も半ばを過ぎ、この数年は具合がよろしくなかったようだ。
とはいえ所沢まで会いに行く機会も持たぬまま、
バカンス帰国するなり、最初にこの訃報を聞くことに。

患った顔は見たことがない。
だから、
唄と、お酒と、文学をこよなく愛した
大きな笑い声のおじさんのまま、私の中に生きたまま。
たぶんいつもどこにいても
大きな体で私を背中から包みこんで筆を支えてくれるよう

私もまだまだ幾踏ん張りか、しなかんなあ、と。
初めてお尻を叩かれた気がします。

ちなみにおじさんと呼んだことは一度も無し。
亮兄ちゃん、グレイト。
こんな叔父でした

「小説家を断念したものの、夢をあきらめず、遂に所沢の童謡を作り上げた作詞家のお話」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/03

女ともだちとおひな祭り。

Hina102


男ともだちの命日を見送ったら、
うれしいサプライズが届いて
ひな祭りの日がやってきた!

心配してくれてるだろうなということは
多くの言葉が無くても伝わってきていた。

書道家の清波さんからは、
蝙蝠がたまたま彼女のブログで見て
「かわい♪」と気に入っていたお節句の屏風。
わあ!びっくり。これぞ以心伝心か、
わが家のポストにも来てくださった。

そして長年不良生活者の蝙蝠の身体のことを
いつも気にかけてくれる友人からは
秋田の蔵元" 白瀑(しらたき)"
トロトロこくうま前代未聞の秘蔵酒粕と、
蝙蝠かねてより垂涎だった
「イトイ式しょうがシロップ」ひと瓶が!
人並み以上に忙しいはずの彼女が
せっせせっせとていねいに仕込んでくれた黄金露は、
風味絶佳、飲んでしまうのが惜しいほどの甘露かな。
凍えをぜーんぶ包み込んで、まあるく温めてくれる。

何を相談してるんでもないけど、
贈ったり贈られたり、どちらともなく気持ちを渡す。

人生なんて日々なんて、色々あって然りだから
「and you?」の無い心も関係も蝙蝠は嫌なのだ。

ゴム跳びの紐みたいに、
長く繋がっていればいるほど、時々切れる。
切れたらまたつなげて跳んで、日々連れる。

オンナトモダチは花いちもんめ。
ほしい、いらんと言いながら手をつないでまた明日。
甘いも苦いもあるのがほんとの仲よしの証拠かもね。


Hina101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/02

家族とお正月。

Gantan101_2

母の育てたさつまいもの葉っぱ。
元気な緑がのびて、猫と福招き。

一家そろっての年越し、たぶん蝙蝠は四半世紀ぶり?
子どもたちは雪の中、2時半起きで元旦朝刊配達へ。
兄妹雪だるまが町内を駆け回り、
2010年最初のニュースをお届けしました。

新年はいもうとの作品「三段重ねおせちとお祝い膳」。
お正月用に秋から温存しておいた菊石のお酒
おとうとと升酒乾杯。

わが家のもとに、福来たれ、春来たれ。
みんなのもとに、幸来たれ。

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Gantan101

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/25

きらきら星に願いを。

Tree095

菩提樹Cafeオペラを観て、ビストロで乾杯!
今年もたくさんカードやプレゼントを贈りました。
あちらこちらからプレゼントも届いて、シアワセ満杯。
王子からは、The Stooges初の公認伝記&写真集
「The Stooges: The Authorized and Illustrated Story」

クリスマスの枕元に。ああ、うれしくて眠れない。

511uj1hthol


たくさんの星が散りばめられた街も、
いよいよ今夜が千秋楽。

Tree093

蝙蝠が見た今年のツリーの豪華ナンバーワンは
神戸ポートピアホテル。
子どもの頃憧れた外国映画のワンシーンみたい。

Tree096

近くのランの館は、夜になると幻想的に。

Tree094

松坂屋南館オルガン広場のツリーは
豪華スワロフスキー。
まるで「氷の女王」。

Tree092

今夜は世界中の子どもたちが
楽しいあたたかい夢を見てますように。
メリークリスマス!

Tree091

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/07/29

ラッキー・バースデイ!

お惚気(のろけ)話の締めくくりに
「だから、今は生きててとっても幸せ!!」
満面の笑みでそう叫んだとたん、
目が覚めた。

Winehiro08_2


誕生日の朝

「Thank you,thank you,thank you…」
キュートな声で始まる
エラ・フィッツジェラルドの
ベルリンライブ盤をかける
蝙蝠と同じ年ごろくらいのエラの
陽気でちょっとお茶目なアルバム

またひとつ生命を更新する日
朝いちばんに、新しい水着で、泳ぎに

まだ梅雨も明けず、外は早くから大降り
そのせいか、ほとんど貸切状態
雨の日の1人きりのプールはシュール
いつもよりうんとゆったり泳ぐ、流す

泳ぎ始めて少しずつわかってきたこと
心地よく軽快に泳ぎ続けるコツは

水と仲良しになること

競泳選手をめざすわけでもないなら
挑んだり、闘おうとしちゃだめ
まずは、水の分子に
「受け入れてもらうこと」から
生まれる前の無垢な謙虚さを思い出せ

そうすると
不思議に水は、とてもやさしくまろやかに
からだや呼吸や、命そのものに
親し気にまとわりついてきて
先へ先へと驚くほど楽に導いてくれる

魚ごころあれば水ごころ

蝙蝠の座右の銘が、日々実感となる楽しさよ
でも、さらに前へと進むなら、
忘れちゃいけない

壁は、とにかく蹴るべし
蹴りさえすれば、その先に自ずと続くもの
自然とは、自ずと然りなんよね

日付が変わって間もなくから丸1日。
ご近所から遠方から海の向こうから
気づけば、何十通ものメッセージ。
『気は心」っていうもんね。
みんなったら凄い!うれしい!ありがとう!
そして
いまは蛍の光となって
メッセージを届けにきてくれた
月姫さま 奇跡のお祝いをありがとう…

写真はラッキーバースデー祝杯用にもらった
ひまわりラベルのカリフォルニアワイン
Girasole Vineyards
PINOT BLANC MENDOCINO 2002

すっかりお気に入りに
MUY BUENO♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/07/28

続・菩提樹の薫る風。

月が満ち、日を浸食して闇を招こうとも
明けない朝はない、
新しい1日がまた巡りくる。
もうひととき
傷心の紅眼蝙蝠におつきあいください。
偲ぶ心をロザリオに
在りし日の彼のひとの目線で飛び回る
さて、次はいずこへ?

愛知県美術館にて開催中の
「生活と芸術ー
アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」

Img_1366646_58143371_0


先の映画に続き、これもまた先月からの仕事の山を越えたら行くつもりで、出足が遅れてしまっていた蝙蝠。
今回の出展中には、ロンドンのV&A美術館やNYの企画展で見たことのあるものも何点か見かけた。各国のアーツ&クラフツ関連作品を総花的に網羅してあり、建築や美術史に少々疎くても、インテリア好きなら室内装飾芸術の創意と熱意に溢るる時代の息吹を十分に感じ取れる内容になっているはず。

さらに興味のある方は、
芸術館Café菩提樹のブログにすばらしく秀逸な解説とレビューが紹介されているので、ぜひぜひご一読を!
○菩提樹の雑記帳より“アーツ&クラフツ展”

○ウィーンの雑記帳より“ウィーン工房の作品が名古屋に!”

おまけ(大好きなあの椅子のこと)
○菩提樹の雑記帳より“芸術館菩提樹の中の「アーツ&クラフツ」”


ウィリアム・モリスの蓮の刺繍タペストリーの前で。
・・・此処でも、「逢えた」と微笑んだ。


こうしてあらためて読めば読むほど
強く深く気づかされる。
彼女の芸術に対する造詣や考察力と熱意は、
蝙蝠の興味の階段を実に明るく導いてくれる。
そして、とてもていねいに思いをこめて綴られた
愛情たっぷりかつ明快な文章が、本当に大好き!

菩提樹関連のHPの記事などについて
より多くの方が引続き読んでくださることで、
何らかの形で残してもらえるよう
蝙蝠も陰ながら働きかけていきたいと思う。

今年の蝙蝠家訓

Title01_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)